blog

心の処方箋

検索や情報収集のコツ。自分に必要なものだけ取り入れるために

こんにちは。心理士の小倉です。

妊活をするうえで今や欠かせないネット検索、情報収集。便利ですが、情報がありすぎて困ったり、疲れたりしていませんか?

これに加えて今やオンラインでいろんな集まりやサービスを利用できるようになり、スマホやPCを触っている時間が増えてませんか?

そもそも在宅勤務で、以前にくらべPCの前に座っていることが増えて、目がしょぼしょぼしたり、肩が凝ったりしませんか?

そして、合間にちょこちょこ、妊活の検索、してませんか?

という、ネット循環、起こりますよね・・・

そんな中で、必要な情報だけ、手に入れるコツがあると思います。

①ネット検索は一日3件まで

②書物(雑誌)の情報を月1冊まで

③説明会や集まり、勉強会は月1回まで

ネット検索3件まで、というのは一つのサイトを開いたら1件です。その情報が役にたたなかったとしても1件、とします。役に立たなかった、という情報を得たことが収穫です。そして、3件で終えること。脳は、そんなにたくさんの情報を一日に処理できません。気になるサイトがあれば翌日に。そのほうが脳が今日得た情報をきちんと理解して、明日の理解がより鮮明になります。そして、脳をしっかり休ませることで、自分にとって必要な情報かどうかを判断してくれるのです。

皆、情報収集してわからなくなった~というのは、情報を脳が処理しきれず、どれが自分にとって大事かの判断力を失っているから、です。嘘の情報もまじっていますので、そういう情報で脳を疲れされるのは、勿体ないですよね?能がきちんと休養をとっていれば、あ、この情報は自分には必要がないな、と教えてくれるんです。

ネットに比べると書物は自分のペースで読めますので、脳の疲労度は低いかもしれませんが、読めないのに買い込むだけ、ということもよく聞きます。せっかくの情報源ですから、購入したものははしからはしまで目を通すことができれば、そこで自分にとって、必要な情報とそうでないものを判断できます。ネットと違って、自分のペースで読める、というのが書物のよいところです。ネットだと、本文の他に、いろいろ気になるワードや写真が、周りにチラチラしていません?ああいうのが、脳を本当に疲弊させちゃうんですよね・・・

最後のコツは説明会、集まり、勉強会にあちこち参加される方もいらっしゃいます。勉強熱心、という面もありますが、行くことに満足している、というケースもあります。それであれば、逆に必要な情報が脳に入ってこない場合もあって、勿体ないですよね。ここも、月1回程度、と決めて参加したら、なるべくその内容をしっかり理解するために時間をとる。期待外れの集まりもあると思います。でも、期待外れだった、とわかることが収穫なのです。

暑さもやっと落ち着いて、ネット検索するにはちょうどいい感じ、な夜も増えてきましたが、夜は12時までには寝ましょうね~!脳をしっかり休めましょう~!ホルモンバランスのためもありますが、自分らしい判断ができるようにです。自分の脳をいたわりましょう~

お知らせ, ピア・カウンセラー

【お知らせ】渋谷のラジオ

こんにちは。西船橋にあるガーベラ不妊相談室、不妊ピア・カウンセラーの岡田です。

皆さんは「渋谷のラジオ」ってご存じですか?
渋谷区のコミュニティFMで、
渋谷近辺であれば87.6MHzに合わせれば聴くことができますし
アプリでも聴くことができます。
https://shiburadi.com/

実はこのラジオで月に1回、私が所属するNPO法人Fineが「不妊」「妊活」について
様々な視点から様々な方をゲストに迎え番組を放送しています。
なんと私も出演したことがあります。

と、私のことはさておき
明日15日はFineの番組の放送日です。
ゲストは、先日ご案内したピア・カウンセラーの先輩
池田麻里奈さんです。

2度の流産、妊娠7ヶ月での死産、そして子宮腺筋症のため子宮の全摘。
赤ちゃんを産むことは叶わなくても、やっぱり育てたい。
池田さんご夫婦が選んだ、特別養子縁組という選択についてお話頂きます。
https://ameblo.jp/npofine/entry-12623648878.html?frm=theme

今妊活をしていて、夫婦のお子さんを切望されている方にとって
「特別養子縁組」や「里子、里親」ということは
あまり考えたくないことかもしれません。
ただ、生殖可能期間に限りがあるように
実子として迎える特別養子縁組にも親の年齢の制限があります。

特別養子縁組や、里子を勧めるわけではありません。
私自身、妊活中に夫と相談し親族に話したところ猛反対を受け
諦めた経験があります。

ただ、妊活中に子供を育てる選択肢として養子や里子を迎えるという選択もある、
ということを「知っておく」ことは大切なのではないかな、と思います。
よかったら是非聴いてみてください。
アーカイブで後日聴くこともできます^^)

不妊の気持ち

「普通の」レディースクリニック、っておっしゃいましたが・・・

こんにちは。心理士の小倉です。

本日、とくダネで、不妊治療費の保険適用について取り上げられました。すべて見ることはできなかったのですが、その中で宋美玄先生がコメンテーターとして出演されていました。

宋先生は、婦人科の女医でいらっしゃいますので、女性の心も体もよく理解されており、コメントの内容も単刀直入で、すごくわかりやすいです。個人的には好きなコメンテーターですが、今日の番組では、不妊治療の話が中心で、うちは「普通の」レディースクリニックですが、とおっしゃったときがあり、その時に、あ~っていう違和感。

普通のレディースクリニックって?不妊治療は「普通」ではないってことかしら?特殊「内科」とか、特別「外科」とか、あるとしたら、それはとても深刻、ってことをイメージしますが、普通でない婦人科、って?内科や外科と同じような意味合いではないような気がします。そこに、婦人科医であっても、薄い膜、を感じました。

不妊を経験するということは、普通だと思っていた自分の体がそうではなくなる、という喪失感も含まれます。普通、自然という言葉にとても敏感なのです。多数派にいたと思っていたのに、あるとき少数派に入ってしまう、それも自分一人のことならなんとかなるかも、だけど、パートナーとの関係という複雑さ。

不妊の気持ちはとても複雑です。すでに十分辛い気持ちになっていますので、そういう気持ちを少しでも理解してもらえる機会として、今回の不妊治療適用の議論が繰り広げられたらいいな、と思います。

お知らせ, ピア・カウンセラー

【お知らせ】グループカウンセリング開催

こんにちは。
西船橋にあるガーベラ不妊相談室、不妊ピア・カウンセラーの岡田です。
夏もそろそろ終わりに近づいてきました。
我が家のベランダでチャレンジした野菜は不発でしたが(とほほ)
畑仕事が趣味の義実家から夏野菜が届きました。
冷蔵庫にトマト引き出しができました…うれしい悲鳴です^^;)


なかなか新型コロナウィルスの感染は収まりませんね。
イベントなどの人数は緩和やGoToキャンペーンは進みながらも
マスクの着用や、どこへ行っても検温などなかなか平常には戻れず
温度感が難しい状況が続いています。

妊活や生活でも、どこまでどうしていいのか迷うところもあると思います。
私が所属するNPO法人Fineでも軒並み対面での活動が休止となっていますが
オンラインでの活動を徐々に試みています。

Fineでは、不妊を経験して親になった方のサポートも行っています。
マナティー・クラブと言います。

2人目不妊、不妊を経て親になった方、養子・里子を迎えた方
不妊を経験してお子さんがいらっしゃる方はどなたでも参加できます。

10月には、小倉と岡田が担当してグループカウンセリングを行います。
今回に限り無料ですので、よろしければご参加ください。
お申し込みはこちらから↓
http://j-fine.jp/activity/counseling/mc.html

未分類

Counseling in English is available. We have online counseling, too.

Hello, this is Tomoko Ogura, MA.

How are you doing with COVID-19?

If you live in Japan, having difficulties in having a baby, and have no one to talk about it, you may feel desperately isolated.

We can offer the infertility counseling in English, and if you wish, we also have the oneline counseling service.

In Japan, there are not much psychological support in English. If you need to talk about your worries besides having a baby, don’t hesitate to contact us. Any complaints are welcome.

to contact us👇

https://cr-gerbera.com/contact/

online counseling👇

https://clinics.medley.life/clinics/5a71a02ad3be621f49bbbdc2

(please choose Rinsyoushinrishi 臨床心理士  as a menu)

お知らせ, ピア・カウンセラー

【お知らせ】第4回ART JAPAN生殖医療研究会

こんにちは。
西船橋にあるガーベラ不妊相談室不妊ピア・カウンセラーの岡田です。

暑い夏ですね。ようやく秋に近づくかな…というところで
大きな台風も近づいてます。お気を付け下さいね。

今日はお知らせです。
下記の研究会で、私の不妊の体験をお話させて頂くことになりました。

不妊といっても経験は十人十色だと思います。
それでも、努力しても思うように進まない時の気持ちは
共通することもあるのではないかな、と思います。

ご都合が合えば、ぜひアクセスください。

***************************

https://www.atpress.ne.jp/news/222820

■開催概要

・タイトル: 第4回ART JAPAN生殖医療研究会

・日時  : 2020年9月26日(土)15:45~18:30

・参加費 : 無料(要事前申込・9月23日締切)

・申込  : http://art-japan.ivf-asada.jp/

※ 本セミナーは、Webセミナー(ウェビナー)です。インターネットに接続できるPC、もしくはスマートフォン・タブレット端末があれば、どこからでも気軽にご参加いただけます。

詳しくはこちら

https://www.atpress.ne.jp/news/222820

【『ART JAPAN生殖医療研究会』について】

ART JAPAN生殖医療研究会(愛知県名古屋市、代表世話人:浅田 義正)は、生殖医療・ARTに関わる最新の知識や技術を共有するため、第一線でご活躍されている先生方を招聘し、参加者の研鑚に資することを目的に設立。

心の処方箋

暑いですね。体調管理が難しいかも、ですが目標の6割でオッケーな時期かもしれません

こんにちは。心理士の小倉です。

暑いですね!先日岡田が言ったように、ただいまガーベラ不妊相談室のHPリニューアル中で、HP用の写真の撮影を終えたばかりです。その時につかったガーベラですが

帰宅後自宅の花瓶にさしたものの、元気がない・・・

前日に買ったものや当日買ったものもあるのですが、あっといまにげんなりしてしまいました・・・花も暑さにやられちゃうんですねぇ

最近のカウンセリングでもこの暑さで体調管理に苦労されている方が多く、その話が多いです。今度移植に向けて、採卵に向けて、体調を整えたい気持ちはよくわかります。でも、暑いので冷房を使いすぎたり、暑くて食欲がなかったり。眠りも浅かったり。そういうことで、体調が崩れるのじゃないか、と不安になる方も、多いです。

勿論、ばっちりな体調、に整えたいのですが、なかなかそうはいかないでしょうし、ましては今は異常に暑いですし、コロナの影響もあり、たとえばジムに行く、温泉につかって体をあたためる、も難しいですよね。ですから、目標の6割、達成していればオッケー、と自分の中で達成ラインを低くすることも大事かな、と思います。

それは目標を低くすることとは違います。目標は目標で作ってくださいね。でも、今この時期だから、暑すぎる夏とコロナがまだ終息しないなかで、でも目標達成できない、って落ち込むよりは、達成できることはなに?半分以上の、6割くらいなら達成できる?と、視点を変えることも大事かと思います。

本当は睡眠を7時間半とりたいけど、6時間になっちゃった・・・でも、1週間のうち、4日は7時間半寝れた、となればオッケー、としていいと思います。毎日7時間半、は難しいでしょう。かといって、1か月で2,3回では体調管理とは言えないので、1週間の半分以上、という視点をもてるといいのかな、と思います。

もう少しで涼しくなると思います。そうなったら、目標の8~9割達成、を目指すことができるかもしれません。すでに、たくさんのことに取り組んでいる皆さまです。自分へのノルマは時期によって高めたり、低めたり、できると今よりもう少し心の余裕がでてきて、すこ~し楽になるかもしれません。

ピア・カウンセラー

片づける、こと。

こんにちは。
西船橋にある、ガーベラ不妊相談室不妊ピア・カウンセラーの岡田です。

最近片付けの本を買いました。もう3冊目くらいです^^;)
整理整頓は割と好きなほうですが、結婚後は自分だけの意思では
できず、苦戦すること早10数年です…。



よく、綺麗な家にはお金が舞い込むとか
机が片付いている人は仕事ができる、とかって言いますよね。

どういうことや?

と、ずっと思ってたのですけどね。
自分なりに考えてみました。
まず、綺麗な部屋や机を作るには「必要なもの」と「不要なもの」
を判断していくことが大切ですよね。
そして、それを維持するにはルールがあるんですよね。
・置く場所を決める
・床にものを置かない
・完結していないものはそれ用の居場所を作る
これをやってしまえば、きっと「探したり」「頻繁に片づけたり」
という無駄がないんでしょうね。

それから、最近の収納本とかでよく目にするのが、余白。
棚があったら収納は8割以下にする、とか書かれています。
これは、余裕があると探しやすかったり、
いざというときに使える空間になるようです。

的確に必要なものを判断して、余裕や余白があって、無駄がないと…。
きっと、判断力は仕事にも活かされますし
余裕や余白があることは、ほかのことに時間やエネルギーを使えるんですかね。

ふんわりした着地になりましたが(笑)、これは心にも言えることなのかな
と思います。

心の中が整理されていて、余白があると気持ちに余裕が生まれますし
対処方法が分かっていれば(ルール)穏やかに過ごせる時間もできるのではないでしょうか。

とはいえ、不妊治療中はそのことで頭の中も生活も一杯になってしまいますし
どれも必要なことに思え、止めることが不安なこともあると思います。
明日受診してください、今日タイミング取ってくださいと自分でコントロールできないことも
沢山あります。

今、お部屋の片づけにもプロの手を借りる人が増えています。
1人ではあれも必要、これも捨てられないという人も
「本当に必要ですか?」「使いますか?」「ときめきますか?」
と聞かれることで、判断することができることもあります。

カウンセリングもそんな風に利用してみてもいいでしょう。
今、どんなことを考えてますか?どんなことがあなたらしさを妨げていますか?
それを考えるとどんな風に感じますか?

カウンセリング, ピア・カウンセラー, 不安

コロナ禍不安を8割の不妊患者さんが感じている、当然ですよね…

こんにちは。

心理士の小倉です。お世話になっているNPO法人Fineでのアンケートの発表がありました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fadb63a3685888c567a73b2bdf652cd8e531a3d8

不妊治療患者8割がコロナ禍不安 NPO調査

この調査によりますと不妊治療や通院に不安を感じた方が83%

不安の理由は

「自分が感染するかも」70%

「年齢が上がることへの不安や焦り」69%

「感染した場合の胎児への影響」55%

また、緊急事態宣言発令されたが、それでも治療を続けたいと思った方が32%

実はこれは思ったより少ないな、と思いましたが、数字にはでてこない複雑で苦しい思いが詰まってるような気がします。続けたいと勿論思うが、万が一感染したら、と思うと、躊躇しますよね、足が止まりますよね…

そういう、本当に本当に身動きがとれない多くの方の思い、届いてます。どうにかできることもあるかもしれませんが、ほとんどがどうにもならない状況かと思います。

望んでいる解決策は見つけることはできないかもしれませんが、それでも今できること、できないこと、保留にすること、考えなくてもいいこと、などを整理するなど、取り組めることはあると思います。一人で取り組むこともできますし、誰かに手伝ってもらうのもよいと思います。勿論、私達カウンセラーもお手伝いできます。必要と感じたら、いつでもお問い合わせくださいね。

https://cr-gerbera.com/contact/

お知らせ, ピア・カウンセラー

リニューアル中です!

こんにちは。西船橋にあるガーベラ不妊相談室、不妊ピア・カウンセラーの岡田です。

酷暑がちょっと和らいだ週末でしたが、皆さんの地域はいかがでしょうか。
梅雨が明けてからの急激な暑さにこれがずっと続くのか、いつまで続くのか
と思っていましたが、秋はやはり近づいているのですね。

2月頃からでしょうか。
新型コロナウィルスという言葉が、目や耳に触れない日はありませんが
やはり、これもいつまでも続くわけではありません。
日常が戻る日は近づいているはずです。^^)

今はまだ制限も多く、仕事や暮らしもままならないことが沢山あります。
その中でも、今だからできること…。

いうことで、ガーベラ不妊相談室では現在HPのリニューアルに向けて
動いております☆



このHP、ブログは全くのド素人の代表小倉とワタクシ岡田の
汗と涙でできておりまして(笑)それはそれで愛着もあるのですが、
より皆さんにとって見やすい、分かりやすいものを目指して
プロの方の手も借りて、作成中です。

来月には新しいHPをお披露目できる…はずです。
お楽しみに。