夫婦関係, 人間の心理

心変わり

皆様、こんにちは。

新型コロナウィルス、心配な日々が続きますね・・・ショボーン

一日でも早く終息に向かって欲しいですが、自然には叶わないことも改めて思い知らされながら、冷静な判断を持つことが大事なのでしょうね・・・

 

さて、今回は心変わりについて書こうと思います。

カウンセリングの中でもそうでなくても、よく結婚当初は子供は居てもいなくてもいいと思ったけど、自分の体にタイムリミットが近づいて、欲しくなった、という女性の方や、

子供が欲しくて結婚したわけではなく、ひたすら夫婦で働いて、それはそれで充実していたが、50歳を越えて、急に子育てを経験していないことが不安になった、

とか、

子孫を残していないことに物足りなさを覚える、という男性、が時にいらっしゃいます。

心変わり、とも言えますが、

これは年を重ねることで気持ちの変化があったり、環境の変化によって感じ方が変わったり、というもので、ごく自然なことです。

ただ、やっかいなのはこの結婚当初、とか、結婚する時は、ということで、相手が当時は子供はいらないって言っていたのに、今になって欲しいって言われても

困る、

遅い、

とパートナーの方が思うケースもあります。

あるいは夫婦ともに、結婚当初の気持ちが変わって、結婚して15年たって不妊治療に取りくむ、ということもありますが、この場合、夫婦の思いが一致しているので、まだいいのですが、夫婦の気持ちが一致していないときはやはり難しいですよね。

でも、ここで

結婚する時は子供はいらないって言ったよね?

と言って、相手を責めても解決になりません。そう言ったのは事実かもしれませんが、人間、心変わりをするものだし、とくに子供を産み育てる、という点においては心変わりしやすいもの、だと知っておくことも大事かと思います。(これまでは誰もそんなこと、教えてくれませんでしたけどね・・・)

今更知ったって・・・

という方も多いかもしれません。

そんな時は心変わりをした経緯、あるいはパートナーが心変わりをして、自分がどう思うのか、について、カウンセリングを利用してもよいかもしれません。

その気持ちを表現することで、これから夫婦でどのようにやっていくかのヒントになりますし、本当に複雑な問題なので、一人でかかえるよりはサポート源を利用していただけたらと思います。

お知らせ

【 延期】トパーズ開催のお知らせ。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。
※ご案内していました下記グループカウンセリングは
新型コロナウィルスの状況と政府からの方針を考慮し延期となりました。
ご迷惑をお掛けしますがご理解のほどよろしくお願いいたします 3月1日※

私は花粉症です。
週末から症状が出てきました…。
不妊治療中、服薬を避けていたので症状がきつく大変でした。
そんな中、マスクは必須でしたので
今、ヤキモキしている方もいらっしゃるかもしれません。

マスクの供給や、インフル、新型ウィルスなどが落ち着くことを
祈るばかりです。

私は治療中に先が見えず、よく
「もし○○だったら」「もし~になったら」と未来を想像することが
ありました。
上手くいかないことを繰り返していたので
大体ネガティブなことを考えていました。

考えては打ち消し、でも湧き上がってくる
その繰り返しでした。

「もし、こどもが出来なかったら…」

という未来もその1つでした。

でも、治療が長くなってくると次第に子持ちの友人とは距離が出来、
夫婦2人の友達と会うようになりました。
こどもが出来ないことは考えたくないけれど、
こどものことを考えなくてもいい大人だけの集まりは、
居心地がよくもありました。

ああ、こういう未来もあるんだな。

それからは頭の片隅に入れながら、治療をするようになっていきました。

3月13日(金)ガーベラ不妊相談室で
Fine主催のトパーズ(グループカウンセリング)を開催します。
テーマは、「こどものいない未来予想図~私らしい10年後~」です。

当日は、夫婦2人の生活を選択した不妊ピア・カウセラーが担当します。
考えたくないけれどどういうものなのか知りたい、
何か希望が見つけられるのか聞いてみたい、
何となく考えているけれど分からない。

ネガティブなお気持ちでも大丈夫です。
様々な未来を知っておくこと、想像すること、誰かと話すことで
選択肢が広がることや、自分の気持ちを確認できることもあります。

詳細、お申し込みは下記URLからお願いします
http://j-fine.jp/activity/counseling/topaz.html

ピア・カウンセラー

立春、旧暦のお正月。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。
今日は立春、旧暦のお正月です。おめでとうございます!
IMG_9016
今年は記録的な暖冬と言われていますが、
例年より寒暖の差が激しく感じますし、
新型肺炎のニュースもあり、落ち着かない方も多いかもしれません。
私自身、治療中はマスク着用に手洗いうがいを徹底していました。

今思えば、少し神経質なほどでしたがそれは自然で当然のこと
だったように思います。
治療期間が長くなってくると、生活がストイックになってくることも
珍しくありません。

生活習慣や食事など、出来ること気を付けることは何でも取り入れて
気付かないうちに頑張りすぎてしまうのですが、自分では気づけません。

一度、「頑張りすぎてはいないか」立ち止まてみるのもいいかもしれません。
ちょっと勇気が要るかもしれませんが、何かをお休みしてみる
ちょっと楽をしてみる。
1周期だけ通院を止めて、妊活のことを脇に置いてみる。

1月の新年、少し疲れが出る頃です。旧暦のお正月休み、取ってみませんか?
よくわからないなあ、と思っていらっしゃる方。
何気なくお話をしている中で気づくこともあります。
よかったら、ピア・カウンセリングも活用くださいね。