人間の心理

阪神淡路大震災から25年

こんにちは。

心理士の小倉です。

今日で阪神淡路大震災から25年経ちました。

25年前の今日、私は京都の大学に通っていて、早朝に激しく揺れ、部屋中のものが倒れ、布団の中でもうだめだ~って思ったものの、おさまって外をみたら、真っ暗だったのもあり何も変化が見えず・・・

TVをつけ、友人から電話がかかり、情報収集をしていると、どうやら神戸が大変なことになっている、はわかったものの、詳細はまだわからず・・・

そして、その日は試験の日でもあったのですが、とりあえず大学に行くと、学生の半分くらいはいましたが、そんな中で普通に試験は行われました・・・

帰宅して、神戸の被害、とくに火災が現在進行形でも広がっているのをTVで見たときの怖さは今でも覚えています。

 

そして、今日、阪神淡路大震災についてニュースをいくつか見ましたが、

その中で、皆、忘れていってるような気がする、忘れてはいけない、のようなコメントをされた方がいました。

この方は、当時19歳だったお兄さんを亡くされたとのことですが、そのお気持ち、よくわかります。

ただ、心理的に言いますと、忘れることも大事、なのです。

忘れることができるから、前に進めます。

それは人間の心(脳、なんですけどね)がそうさせていて、それが健康的なのです。

そして、なにがいけないのかというと、

「なかったことにする」

ことです。

震災が、あたかもなかったかのように、日々を過ごすことは被災者への冒涜となるでしょう。なかったことにする、と忘れること、は全然違うのです。

上記したように、私は今も当時のことを思い出せます。鮮明さはないのですが、むしろ心に残ったことがしっかりと刻み込まれています。

忘れることは、思い出せることです。

だから、忘れていいのです。

でも、なかったことにして、日々を楽に生きようとするなら、それは必ずひずみを生むことになります。現実に目をむけていない、ということで。

勿論、日々の中で、え~、そうだっけ?のような、本当に記憶にないことが多々あります。

でも、その記憶の内容と、震災や辛い不妊治療の、内容は全然違いますよね。

心に受けた傷が、衝撃が大きければ大きいほど、忘れていいのです。なかったこと、にしないために、忘れることも大事であることを知っていただけたらな、と思います。

 

ピア・カウンセラー

1年の計。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。

今年もよろしくお願いいたします。
早いもので1月も半分過ぎました。毎年、成人式の連休まであっという間ですよね。
気付くと立春、そのうち花粉症が酷くなって「ああもう3月だよ!」と、毎年焦る私です。

1年の計は元旦にあると言われますが、正月に穏やかに1人の時間を持つことが難しいことも
ありますよね。私もその1人です。
暦では、節分が大晦日で立春がお正月という考え方もありますので、
まだ1年の計を立てていない方は、立春でもいいかもしれませんね^^)

私はカウンセラー、セラピストとして独立をしましたが、それ以前は会社勤めでした。
9時から17時会社に行けば仕事があってお給料が出ていました。
そのせいもあってか、「予約が入っていない時間=何もしてない無駄な時間」
という不安を感じたこともありました。

IMG_0908
↑秩父の朝焼けです

ですが、メニューを考えたり材料を買ったり、研修に出たり様々な計画を練る時間、
自分をメンテナンスする時間も必要で大切な時間だと思えるようになってきました。

妊活中、結果が出ないと不安や焦りを感じることもあると思いますが
それは決して何もしていない時間でも、頑張っていない時間でもありません。

結果が目に見えなくても、あなたはとても頑張っているのです。
少し時間があったら、自分を労ってご褒美の時間、リラックス出来る時間も
作ってあげてくださいね。

なかなか出来ない方は、そんなお気持ちをピア・カウンセリングで話してみませんか?

ブログ

新年おめでとうございます

2020年を迎えました。

皆様にとってよい一年になりますように。

新年といえば

2020埼玉富士山

富士山はお好きですか?

ザ・日本って感じではありますが、山の形がいいんでしょうかねえ。

私は広島出身なので、山と言えば比治山です・・・

すみません、標高70メートルしかないのですが・・・

ここにいつも遠足に行っていました。

皆さんの山、ありますか?

そういうことに想いを馳せると、色々思い出すこともあって年の始まりにいいかもしれません