お知らせ, カウンセリング

2月・3月のピア・カウンセラーによるグループ活動のご案内

こんにちは

心理士の小倉です。

ここ、ガーベラ不妊相談室ではピア・カウンセラーによる活動も行っています。

ガーベラ不妊相談室のスタッフの、ピア・カウンセラーの岡田によるピア・カウンセリングの他にも

ヨガを取り入れたグループ・カウンセリング、

不妊を経てその先の将来について考えるグループ・カウンセリングが

2月11日と3月13日に行われますので、興味のあるかたはこちらにご覧くださいね👇

https://j-fine.jp/activity/counseling/topaz.html

 

ピア・カウンセリングと私による専門家によるカウンセリングの違いは

ピア・カウンセリングは当事者がカウンセリングの勉強、訓練を受けてカウンセラーになり、相談者をサポートします。だから、当事者目線で、共感や信頼感がもてるのが特徴です。

生殖心理カウンセラーは、不妊の心理を専門的に扱うので、専門的な介入(アドバイスとは違うのですが、傾聴や提案といったもの)と、もし不妊とは別に心理的な問題(うつ状態、パニック症状など)がある場合は、迅速に対応できる、というサポートができます。

それぞれに利用したいタイミングや状態があると思いますので、ご自身がその時に求めるサポートとが見つかれば、と思います。

 

コミュニケーション

小さな悩み事

こんにちはニコニコ

心理士の小倉です。

新聞の相談コラム、よく読みます。文字で相談相手にどのように返事をしているのかは、本当に参考になるので・・

今回は引退をして毎日一緒に過ごすようになったご主人様が鼻くそをほじるのを不満に思っている奥様の話を紹介したいと思います。

相談を受けている方は著名な方。

今回はそんな悩みならきっと幸せな夫婦なんですね、から始まり、でも嫌ならユーモアを交えて嫌だって言えばいいのでは?という返事でした。

鼻くそをほじらないで!

ってストレートに言うと、ご主人も嫌な気持ちになっちゃうかも、なので、

鼻くそをほじると百年の恋も冷めちゃう~、だからみえないところでやって~

くらいに伝えればいいですね、というお返事でしたが、これはなかなかいいお返事だなあ、って思いました。

ポイントは。

相手が誰であれ、不満があればやはり、それを伝えることは大事です。我慢をする必要はないのです(我慢をする理由があるのなら別ですが)

さらにポイントは、

小さな、ささいなこと、であっても、自分がそれを気にする、不満に思うのなら、やはり我慢をする必要はなく、

「うまく」相手に伝えられれば、もっと人間関係はうまくいくと思うのです。

たとえば

今日は診察に行きました、次回の移植の日は〇月〇日、と決まりました、それを夫に話したのですが、夫はスマホをいじりながら、

そっか、と言うだけ。こちらを見てくれない。

夫が会社から帰って、リラックスしている時間だってわかってはいるけど、自分たちにとって大事な話だし、せめてスマホの手をとめて、移植の日をしっかり確認してほしい、と妻は思いますよね。

一方、夫も移植は大事な日だとなんとなく思うのですが、正直、妊娠するまでは淡々と治療をすすめるしかないし、日にちをきいたところで、そこに重大さをさほど感じない、というのが本音だと思います。

でも妻としてはそんな夫に不満を覚えています。その不満も繰り返されると、大きな不満になるものです。いきなり、爆発して、

あなたは何もわかってくれない!

と泣き叫んでしまうかもしれません。

でも、夫はいきなり泣かれてなんのことか全然わからないのです!

だから。

ちいさな気になることも、ちゃんと相手に伝えることも大事です。

でも伝え方もあって・・・

今回の例ですと、

「あなたがリラックスしたいのはよくわかってるから1分だけ、私の話を聞いてもらえる?そうしてくれれば明日のおかず、一品増えるかも!」という前置きをして

「〇月〇日が移植の日になったから、その前後は私は不安でいっぱいかも、だからフォロー、よろしくね」

のようなやりとりもあってもいいかもしれません。

ちいさなこと、ささいないこと、と自分で思っても、不満であればやっぱり相手に不満だ、嫌だ、ということを伝えたい、でも伝えかたのコツがあるんだ、ということを知っていただければと思います。

 

ピア・カウンセラー, 未分類

2月のピアカウンセリング。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。
急に寒くなってきましたが、風邪などひかれていませんか?
私は最近、梅醤番茶を飲んでいます。
梅、生姜、醤油、番茶で出来ているので家でも作れるようですが、
私はお店で買って、お湯で割って飲んでいます。
温まるので、お勧めです^^)

ピア・カウンセリングの2月のスケジュールをお伝えします。
2月4日(火)午前・午後
6日(木)午前・午後
11日(火祝)午前・午後
13日(木)午前・午後
18日(火)午前・午後
20日(木)午前・午後
25日(火)午前・午後
27日(木)午前・午後
午前は10時から、午後は13時からですが、ご希望があればご相談ください。
他日程でも対応可能な日もありますので、お問い合わせください。

人間の心理

阪神淡路大震災から25年

こんにちは。

心理士の小倉です。

今日で阪神淡路大震災から25年経ちました。

25年前の今日、私は京都の大学に通っていて、早朝に激しく揺れ、部屋中のものが倒れ、布団の中でもうだめだ~って思ったものの、おさまって外をみたら、真っ暗だったのもあり何も変化が見えず・・・

TVをつけ、友人から電話がかかり、情報収集をしていると、どうやら神戸が大変なことになっている、はわかったものの、詳細はまだわからず・・・

そして、その日は試験の日でもあったのですが、とりあえず大学に行くと、学生の半分くらいはいましたが、そんな中で普通に試験は行われました・・・

帰宅して、神戸の被害、とくに火災が現在進行形でも広がっているのをTVで見たときの怖さは今でも覚えています。

 

そして、今日、阪神淡路大震災についてニュースをいくつか見ましたが、

その中で、皆、忘れていってるような気がする、忘れてはいけない、のようなコメントをされた方がいました。

この方は、当時19歳だったお兄さんを亡くされたとのことですが、そのお気持ち、よくわかります。

ただ、心理的に言いますと、忘れることも大事、なのです。

忘れることができるから、前に進めます。

それは人間の心(脳、なんですけどね)がそうさせていて、それが健康的なのです。

そして、なにがいけないのかというと、

「なかったことにする」

ことです。

震災が、あたかもなかったかのように、日々を過ごすことは被災者への冒涜となるでしょう。なかったことにする、と忘れること、は全然違うのです。

上記したように、私は今も当時のことを思い出せます。鮮明さはないのですが、むしろ心に残ったことがしっかりと刻み込まれています。

忘れることは、思い出せることです。

だから、忘れていいのです。

でも、なかったことにして、日々を楽に生きようとするなら、それは必ずひずみを生むことになります。現実に目をむけていない、ということで。

勿論、日々の中で、え~、そうだっけ?のような、本当に記憶にないことが多々あります。

でも、その記憶の内容と、震災や辛い不妊治療の、内容は全然違いますよね。

心に受けた傷が、衝撃が大きければ大きいほど、忘れていいのです。なかったこと、にしないために、忘れることも大事であることを知っていただけたらな、と思います。

 

ピア・カウンセラー

1年の計。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。

今年もよろしくお願いいたします。
早いもので1月も半分過ぎました。毎年、成人式の連休まであっという間ですよね。
気付くと立春、そのうち花粉症が酷くなって「ああもう3月だよ!」と、毎年焦る私です。

1年の計は元旦にあると言われますが、正月に穏やかに1人の時間を持つことが難しいことも
ありますよね。私もその1人です。
暦では、節分が大晦日で立春がお正月という考え方もありますので、
まだ1年の計を立てていない方は、立春でもいいかもしれませんね^^)

私はカウンセラー、セラピストとして独立をしましたが、それ以前は会社勤めでした。
9時から17時会社に行けば仕事があってお給料が出ていました。
そのせいもあってか、「予約が入っていない時間=何もしてない無駄な時間」
という不安を感じたこともありました。

IMG_0908
↑秩父の朝焼けです

ですが、メニューを考えたり材料を買ったり、研修に出たり様々な計画を練る時間、
自分をメンテナンスする時間も必要で大切な時間だと思えるようになってきました。

妊活中、結果が出ないと不安や焦りを感じることもあると思いますが
それは決して何もしていない時間でも、頑張っていない時間でもありません。

結果が目に見えなくても、あなたはとても頑張っているのです。
少し時間があったら、自分を労ってご褒美の時間、リラックス出来る時間も
作ってあげてくださいね。

なかなか出来ない方は、そんなお気持ちをピア・カウンセリングで話してみませんか?

ブログ

新年おめでとうございます

2020年を迎えました。

皆様にとってよい一年になりますように。

新年といえば

2020埼玉富士山

富士山はお好きですか?

ザ・日本って感じではありますが、山の形がいいんでしょうかねえ。

私は広島出身なので、山と言えば比治山です・・・

すみません、標高70メートルしかないのですが・・・

ここにいつも遠足に行っていました。

皆さんの山、ありますか?

そういうことに想いを馳せると、色々思い出すこともあって年の始まりにいいかもしれません