不妊の気持ち

自然妊娠

みなさま、こんにちは!!

心理士の小倉です。

 

ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ ヒマワリ

不妊の相談を受けますと、

よく本当は自然妊娠したかった、あるいは、治療はしているが自然妊娠も試みている、

という話を聞きます。

治療によってではなく、自然に妊娠、出産したい、というのは

とても普通の気持ちで、是非大切にしていただきたいと思います。

ただ、現実的に自然妊娠は難しい、できない、

ということはあります。

その一つが加齢によるもの、と言われていますが、

年があがるほど自然妊娠はしないようです。

ざっくりいいますと

30歳までの女性は30%

35歳の女性は18%

40歳の女性は5%

45歳の女性は1%

これは1か月の生理周期に対して、なので、

例えば今月29歳の人が妊娠する確率は30%、

ということです。

30歳以下でも、実はそれほど妊娠の可能性は高いわけではないのです。

でも、不妊治療をされている方にとっては

可能性がゼロ出ない限り、自然妊娠を期待する、という方も多いです。

とくに治療はもうやめたが、自然妊娠をやっていきます、という方には

その後の過ごし方について考えていただければと思います。

というのも、

治療しなければ子供が授からない方は

治療終結=実子のいない人生、

と明確なので(それはそれで辛いのですが)

その後の人生の過ごし方は割り切りやすい部分はあります。

でも、

治療はもうやらない、と決めた42歳の方の場合、

自然妊娠の可能性がある、と思いながら日々を暮らすことになります。

勿論、それでよいのですが、

どれほど自然妊娠に期待しているのかがポイントです。

42歳なので、1%以上5%未満です。

もし、この数字はわかっている、

でも小さな奇跡を希望にして毎日を過ごしているだけですよ、

というのであれば、大丈夫だと思います。

ただ、

もしかしたら私はこの2~3%に入るかも、

いや、絶対に入ってみせる、

という強い気持ちでいると、日々の暮らしも辛いものがあると思います。

つまり、日々の生活の中で、心の2~3%を自然妊娠期待とすれば

現実も受け入れた過ごし方ができて、過大な期待による負担は避けれると思います。

でも42歳の女性が80%は自然妊娠するかも、

いや、するぞ、という気持ちでいることは現実からかけ離れており、

それは結局ご自身の負担になります。

厳しい言葉に聞こえるかもしれませんが、

勿論、希望はもちつつ、

でも現実を受け入れることができれば、より地に足がついた過ごし方ができ、

それが心のバランスには良いと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中