お知らせ, 不妊の気持ち

不成功の繰り返し

こんにちは、心理士の小倉です。

今回は治療中の方がよく感じられる気持ちについて
書いてみます。

不妊治療を始めると期待が高まりますよね。
でも、うまくいかないことがあります。
それも1度、2度目なら
まだ次の治療に期待できるのですが、
3度目以降になると、
だんだん期待することもできなくなります。

とくに体外受精、顕微授精という治療法の場合、

受精しているとか、
グレードとか、
いろいろな情報があるため、
妊娠への期待が大きくなることもあるでしょう。

そんな中で
治療の不成功が続くと、
しだいに心の元気を失います。
どこまで頑張ればいいの?
いい加減、妊娠してくれないの?
神様は私には子どもを授けてくれないの?

とても悲痛な思いです。
でも答えがないのです。
カウンセリングであれば、
この思いを聞き、そう思うことを
受け止めるだけとなります。
お伝えできるのは、
そのように考えるのは自然ですし、
あなた一人ではない、くらいです。

もう1点言えるのは、
不成功が重なることによって
不成功による悲しみがたまっている、

ということです。
そのたまった悲しみを十分に悲しまないといけないのですが、
治療中は次々に治療が入るため、その時間がとれません。

十分に悲しむために
「喪の作業」

というプロセスがありますが、
なかなかこれをおこなうのも難しいものです。

現在治療中で、
不成功が続いている方は
もしかすると悲しみがたまっているかもしれません。
そんなときは
悲しみがたまっている、と
感じるだけでも心の負担は和らぐことがあります。
自分がどのように感じているのかを受け止めるだけで、
心は楽になるものです。

11月14日(木)10時~13時
グループ・カウンセリング+筆ペン講座おこないます。
通常のグループ・カウンセリングに筆ペンを使って気軽に文字を書く作業をすることで、
心のリセットにつながります。
11月15日(金)10時~13時
グループ・カウンセリング+深層リンパドレナージュおこないます。
自分でリンパを流し、呼吸法も教えてもらうことで体のケアができます。
お申し込みはこちらから👇

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中