不妊の気持ち

ヤマアラシのジレンマ

こんにちは、心理士の小倉です

さて、今回は3年前ですが、その際の日本生殖心理学会の講演について。

この学会は生殖心理、

つまり不妊の心理について一番多くを学べる学会ですが、

毎回著名な方の講義も多く、本当に勉強になります。

今回紹介するのはその中のお一人、

この方~

ご存じです?

精神科医の香山リカ先生です。

いろいろ本当に深い話をしてくださいましたが、その中でも

ヤマアラシのジレンマ

の話はそうそうそう~!!!!とうなずきっぱなしでした。

どういう話かというと

ヤマアラシ、という動物をご存知ですか?

↑こんな感じですが、

おしりのほうにある白いつんつんが

威嚇などするときは全部針山のようになる動物です。

このヤマアラシが寒いので他のヤマアラシとくっついてあたたまろうとするのですが、

くっつきすぎるとお互いの針が刺さって傷つけあう、というお話で、

人間もお互いの距離感を感じ取り、その針の長さが調節できるといいね、

という意味もあるのですが、

学会では不妊の当事者同士、というのは最初はお互い不妊だから、

ということで仲間意識を持つのですが、

だんだんお互いのことがわかるとその違いも見えてきて、ひとくくりに「不妊の人」と

一緒にされることに抵抗があるようだ、というお話をされました。

せっかくお互いあたたまろうとしたけど、結果的に傷つけあう、

ということがどうもあるらしい、というお話。

そうなんですよね。

不妊の話をこれまでの友人には話せない。やっと話せる不妊友達、を見つけたけど、

私は子宮筋腫、友達は男性不妊、私は自分が原因だから罪悪感を感じる、

でも友人は夫を責めるにも責められない気持ち、

でも私にしてみれば、

精子さえなんとかなれば妊娠できる友人がうらやましい・・・

友人なのに、なんか、重たい関係。

同じ不妊だけど同じじゃない・・・などよく聞く話ですよね。

不妊で悩んでいる人に、だったら自分の針の長さを調節したら?

と言うのは簡単ですが、酷すぎます。

私が思ったのは、

つまりヤマアラシは寒いから寄り添いたいんだよね?

だったらそんなにお互いが近寄らなくてもそこそこスペースがある

暖かい場所=支援・サポートを提供すれば、

あるいは作っていけばいいのかな、と。

これは不妊で悩まれている方たちだけのことではないと思いますが、

そこそこ元気な人は自分の針の長さ調節はできますが、不妊やその他、

人生で大きな出来事がおこってこれまでの対処方法ではどうにもならない方たちには、

もう針の長さ調節をする元気もありません。

だからお互い寄り添おうとすると傷つくこともあります。

だけど、適度に寄り添える場所を社会全体で作れるようにできれば、と思う今日この頃です。

 

ピア・カウンセラー

自治体の活用。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。
お知らせ続きになってしまいますが^^;)

来月、神奈川県の横須賀市が主催する妊活セミナーに伺います。
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3440/happy.html

皆さんは自治体の催しに参加されたことがありますか?

私自身、治療中は助成金のことしか調べたことがなかったのですが
自治体によっては、妊活や養子縁組など「子供を授かること」
に力を入れているところもあります。

私も定期的にセミナーなどのお手伝いに伺うのですが、
担当の方は皆、真摯に取り組んでくださっています。

様々な取り組みを考えてくださっているのですが、「届いていない」
ということを悩まれていることもあります。

市報や、HPでも発信しているのですが
妊活は「妊娠・子育て」の中に含まれていることも多いのが
原因の1つでもあるのかな、と思うのですが…。

もし、お気持ちに余裕があれば
一度覗いてみてもいいかもしれません。

「分かる人に」聴いて欲しいという時には、
専門家のカウンセリングや、ピア・カウンセリングもお気軽に
活用くださいね。

 

ピア・カウンセラー, 未分類

ストレス。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。

妊活中、ストレスがよくないというのはよく聞く言葉です。

私も治療中に、ストレスをなくそうとして色々なことを試しましたが、
その「ストレスをなくさなくては」ということが反ってストレスになるという
おかしなことになっていました。

赤ちゃんを授かりたくて仕事を調整したり、お金を工面したり、体温を測ったり
排卵期を意識したり、と様々な努力をして
時間やお金を費やしているのに、なかなか結果に繋がらない時にストレスを感じるのは
当然のことです。

まずは、それを自分で認めることから始めてみてください。
「ストレスがあるけれど、今の状況でそれは仕方のないことなのだ」
という感じです。

もし、ストレス解消の方法があるようであれば、それは素晴らしいことですが
浮かばない場合には、無理に探そうとせず呼吸を整えることを意識してもいいでしょう。

ストレス状態にある場合、呼吸は浅くなるようです。

深い呼吸のポイントは、まず息を全部出し切ることです。
そして鼻からゆっくり大きく息を吸って、口からゆっくり吐きだします。

1日何回などと決めず、気づいたときにやってみるくらいでいいでしょう。
よかったら試してみてくださいね。

お気持ちを安心して話すことで気持ちが軽くなることがあります。
よかったらカウンセリングも利用してみて下さいね^^)

 

 

生殖関連

事実婚の裁判だけど・・・

日経記事同性婚カップル裁判2019・9・10こんにちは。

本日の日経新聞でものすご~く複雑な記事がありました↑

読みづらいかもしれませんが、

同性カップルの女性の一人が、提供精子でお子さんが授かりましたが、

提供精子の相手の男性と交際し(女性カップルとは別れ)

その男性は女性となり、

やはり同性でのおつきあいとなりましたが、

金銭的な裁判ではありますが、

父親と母親は明確で、

そこに問題はないのでしょうけど、

この記事を読んで、

きちんと状況を理解できる方がどれだけいらっしゃるかわかりませんが、

このような状況が起こることも

自然な(当然?)の社会になってきたのは

いいことかもしれない、と思いました。

皆違って、みんないい、ってなればいいですよね。

 

未分類

王さまの耳はロバの耳。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。

不妊治療をしていた時、9月に入ると今年も残り少ない
と、急に不安になりました。
今でも、少し涼しい風が吹き始めるとあの頃の感覚がふっと蘇ることがあります。

不妊、しつこーーーーーい!(叫)

私は、治療をオープンにして周囲に相談もしていたので
時に、悪気のないアドバイスや励ましに傷ついたこともあるのですが、
飛び切り落ち込んだのが
「あなたを選んできました」という類の本を貰った時でした…。

赤ちゃんが空から見ていて、ここに生まれたいと親を選んでくる
というような内容なんですが
贈った友達は、「ちゃんと見ててくれるから大丈夫」
という意味合いだったようなんですが、
既に複数年治療をしていた私は
「私はこんなに願って努力しても選ばれないのか」
と思いました。

虐待や子供の痛ましいニュースを目にする度
「こんなことして選ばれるのに私は選ばれない。私は、こんな人以下なのか」
とも思いました。

でも、こんなこと考えるから選ばれないのか。
腹黒くて最低なんだな、私は…。

いつしか、自分をさげすんでいました。
「どうせ私は…」といつも思っていました。
でも、皆さんにはそうなって欲しくないので発信していきます。

なかなか妊娠に至らないのは自分の努力が足りないわけではありません。
想いが足りないわけでもありません。

「あなたを選んできました」という類の本が
正しいか間違っているか、私には分かりませんが
「選んでもらうように頑張ろう」と思えるならそれでもいいでしょう
「こんなのあるわけない」と切り捨ててもいいでしょう。

あなたらしくいられることを大切にしてみてください。

王さまの耳はロバの耳というお話を知っていますか?
気持ちを溜め込んでしまうのは心身にも負担になります。

モヤモヤしたり割り切れなかったり、嫌な気持ちを感じた時には
気軽にピア・カウンセリングを活用してみてくださいね。
どんなことでも全力で伺います^^)