カウンセリング

最近のカウンセリング

こんにちは。

今回は最近のカウンセリングの特徴についてお伝えします。

 

最近は本当にカップルのカウンセリングが増えましたね!

とはいえ、1か月に1組の割合ですが、

3年前までは1年に1~2組くらい。

でも、一度来てくださると継続してくださいます。

あとは

治療終結の相談は本当に増えました。

5年前までは治療中の辛さや焦りが

多かったのですが・・・

年齢のことがあったり、

治療で結果が得られないと

やめどきについて考えてしまいますよね。

それにともない、

養子縁組、里親制度についての相談も増えました。

 

10年前から変わらないのが

ステップアップ、といいますか、

体外受精への抵抗、

顕微授精への抵抗、

です。

人工授精はいいけど、

やはりART(高度生殖補助医療)はね・・・

IVF(体外受精)はいいけどICSI(顕微授精)はね・・・

夫の抵抗があったり、

妻の抵抗があったり、

自分たちはいいけど、両親たちは反対だったり。

 

今や生まれてくる赤ちゃんの

18人に1人

はARTで生まれてきていますが、

やはり「抵抗」はあるようです。

でも、その抵抗はとても自然な気持ちです。

そんな気持ちを受け止めつつ、

今後どうしていけばいいのか、

カウンセリングではクライエントさん(相談者)と一緒に

検討していきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中