スタッフ紹介

こんにちは。

ガーベラ不妊相談室代表
生殖心理カウンセラーの小倉智子です。

私が生殖心理の分野で活動するようになって14年がたちます。14年前は日本ではまだ生殖心理、不妊心理について詳しいカウンセラーはほとんどおらず、まさに手探り状態でこの分野の学ばせていただきましたが、幸運にも素晴らしい方々との出会いもあり、今、ようやく私が一人の生殖心理カウンセラーとして、皆様にお役にたてるようになってきたのかもしれない、と思えるようになりました。それにともない、より多くの、不妊に悩まれる方々の様々なニーズにこたえられるように、時間と、空間と、そして信頼できるサービスを提供したいと思い、ガーベラ不妊心理相談室を設けました。

(プロフィール)
臨床心理士・生殖心理カウンセラー
1996年 京都大学教育学部教育心理学科卒業
1998年 米国United States International University(現AIU)
カウンセリング心理学修士号取得
1998-2001サンディエゴのUS – Japan Psychological Services勤務
2005年-2019年 NPO法人Fineにてピア・カウンセラー養成講座講師、面接カウンセリング、電話カウンセリング、グループ・カウンセリングなどの活動開始
2011年-現在 高橋ウィメンズクリニックにて非常勤カウンセラー

【主な活動履歴】
・2007年2月
子守唄が唄いたくて~不妊を理解して対処するために~ジャネットジャフェ他著 翻訳
bookfan_bk-4894490552

・2015年春
主婦の友社「赤ちゃんが欲しい」春号 掲載
809IMG_8133

・2016年2月
NHK週刊ニュース深読み 子どもは欲しいけれど…不妊治療 理想と現実 出演
NHK週刊深読み.jpg

・2016年5月
NHKおはよう日本 不妊治療「やめられない」VTR出演
2016-0408-111

・2016年8月
産経新聞 「不妊治療のやめ時を考える」取材を受ける

・2017年12月
朝日新聞 「患者を生きる」取材を受ける

・2018年2月
NHKクローズアップ現代 男にもタイムリミットが?!~精子老化の新事実~ 出演
現代

ガーベラの花言葉

ガーベラという花をご存知ですか?色が多彩で茎がまっすぐなのが特徴です。ガーベラの花言葉は「前進」「希望」です。そして、ガーベラの花の色それぞれにも花言葉があるのです!例えば赤いガーベラは「前向き」オレンジのガーベラは「我慢強さ」など。それぞれの色にそれぞれの意味があるのは、まさに十人十色、みんな違ってみんないい・・・それでいて、皆一緒になれば希望をもって前進できるっていうことですよね。

メッセージ

不妊を経験したり、生殖に関する悩みを持つと、プライベートなことなだけに、孤独になりやすく、他人と比べたり、自信をなくしたりしやすいものです。でも、そういう気持ちになるのは自然で当然のことだし、本当はありのままのあなたでいい、ということをお伝えできればと思い、ガーベラ不妊相談室、と名付けました。

不妊、生殖に関する相談は、なかなかできないものです。でも、その悩みはとても深いことも多く、秘密厳守で安心してご相談に対応いたします。他にもグループで気持ちを共有し、悩んでいるのは自分一人ではないんだ、と孤独感をやわらげたり、ワークショップで不妊独特の心理を学び、気持ちのコントロールをすることで、日々の生活のバランスをとれるようにするなど、ありのままのあなたでいるために、お一人お一人の問題に最善が尽くせるよう、サポートしてまいりたいと思います。

所属カウンセラー

岡田麻衣子
NPO法人Fine認定 不妊ピア・カウンセラー
NPO法人日本不妊カウンセリング学会認定 不妊カウンセラー

1994年清泉女子大学卒業
30代半ばで結婚
30代後半からフルタイム勤務をしながらの不妊治療を始める
自己タイミング法、タイミング療法、人工授精、体外受精、顕微授精に取り組む
40代で挙児

2014年NPO法人Fine認定不妊ピア・カウンセラー取得
2015年NPO法人不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー取得
2016年深層リンパドレナージュ™協会認定セラピスト取得
その他保有資格 AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー・アロマハンドセラピスト

2014年より、不妊に関わる活動を開始
主な活動
・面接カウンセリング ・電話相談 ・Line相談、メール相談
・グループカウンセリングファシリテーター
・おしゃべり会ファシリテーター・体験談発表・取材対応・講演など

2019年より、ガーベラ不妊相談室所属 不妊ピア・カウンセラーとして従事