生殖関連

卵子提供、精子提供、養子、里子を迎える:実子以外の選択肢をサポートします

こんにちは。

心理士の小倉です。

現在、コロナの影響で不妊治療が予定通りにいかないケースが多いかと思います。そういう時、実子を授かる以外の選択肢を、考える機会が増えるかもしれません。

精子提供に関しては日本では戦後からの歴史もあり、方法としては比較的選択肢としては検討しやすいかもしれません。ただ、勿論夫婦の感情、価値観には影響があるので、簡単なことでは全くないです。

卵子提供も、日本で行えますが、まだまだ狭き門ですし、費用面でも精神面でも負担は大きいですよね。さらに、海外での実施もよく聞かれますし、心動かされる選択肢です。

あるいは、血縁にこだわらない場合は、養子縁組、とくに特別養子縁組、それにいたる里親制度、も最近は自治体が積極的になっている面もあり、活発になっています。当然、予想されるさまざまな難しい局面はありますが、子供を育てる、家族を作る、という生殖物語がある方にはすばらしい機会となります。

いずれにしても、結婚をしたら子供を産む、それも一人でなく「ノルマとして」二人、というイメージがもたれやすい日本社会の中で、実子が授からない、思い通りの家族を作れないことは苦しいことと思います。

だから、精子提供、卵子提供、養子縁組をすすめているわけでは決してありません。そのような選択肢を正しく知り、それを選ぶことが自分の幸せなのかどうかを想い馳せることが、実子を望む気持ちと向き合えるのだと思います。

残念ながら、望んだ方全員が望んだ時に実子を授かることは難しい現実があります。その中で、結婚はしたがそのあとの自分の人生について考えざるを得ないとなった時に、情報も少なく、焦る毎日を適切に心のサポートをしてもらいたい、ということがあれば、カウンセリングを利用していただけたら、と思います。

最近は治療中の悩み、転院の相談、治療のやめどき、に加えて、上記の非配偶者間生殖医療、養子、里子の相談も増えています。

どうぞお気軽にお問い合わせください👇

https://cr-gerbera.com/contact/

 

 

 

お知らせ, 生殖関連

情報共有2点

こんにちは。心理士の小倉です。

日本生殖医学会からのお知らせです👇

http://www.jsrm.or.jp/announce/187.pdf?fbclid=IwAR2Csvscp5rBpL5Kq4kWUXJzDThQIoVDRfS4c7BMCq65hDu4aDF8z5CusFY

簡単にお伝えすると、今は治療を延期したほうがいいですよ、という内容です。それはARTのデータなどを扱う国際委員会からの通達を基にしています。

もう1点はWHO👇

https://extranet.who.int/kobe_centre/ja/news/COVID19_specialpage

「正しい」情報源となるのでしょうけど、読むのもうんざり・・・な気持ちもあるかもしれません。

まさか、今の時代に、人がこんなにも亡くなる病気があるなんて・・・薬が、こんなに見つからないなんて・・・

戦争、震災、は想定していたが、まさかウィルスでこんなにも人間は動けなくなるとは・・・

というような毎日かもしれません。

想定外の人生を想定していくこと、を改めて思い知らされましたが、心理の専門家としてもなかなか皆様のサポートもできない状況をもどかしく思いながらも、できる範囲でできることをやっていきたいと思います。

オンライン相談、電話カウンセリング、必要に応じてお問い合わせくださいね👇

https://cr-gerbera.com/contact/

 

 

生殖関連

事実婚の裁判だけど・・・

日経記事同性婚カップル裁判2019・9・10こんにちは。

本日の日経新聞でものすご~く複雑な記事がありました↑

読みづらいかもしれませんが、

同性カップルの女性の一人が、提供精子でお子さんが授かりましたが、

提供精子の相手の男性と交際し(女性カップルとは別れ)

その男性は女性となり、

やはり同性でのおつきあいとなりましたが、

金銭的な裁判ではありますが、

父親と母親は明確で、

そこに問題はないのでしょうけど、

この記事を読んで、

きちんと状況を理解できる方がどれだけいらっしゃるかわかりませんが、

このような状況が起こることも

自然な(当然?)の社会になってきたのは

いいことかもしれない、と思いました。

皆違って、みんないい、ってなればいいですよね。