不妊の気持ち, 二人目(以降)

不妊とのおつきあい

皆様、こんにちはニコ

心理士の小倉です。

 

先日不妊を経験され

お子さんを授かった方たちの会に参加してきました。

まだ授かっていない方は

子供が授かれば

不妊の辛さから解放される、

忘れられる、

なかったことにできる、

と思われるかもしれません。

そういう方もいらっしゃるかもしれませんが、

多くの方はそうではないのです。

 

かわいいお子さんを授かっても

不妊を経験したことからいろいろな思いがでてきます。

みんな心の底から妊娠、出産、育児を楽しんでいるのに、

私は不妊の友達を知っているから心から楽しむのは申し訳ない気がして

楽しめない。でも本当は楽しみたいのに・・・

とか、

二人目が欲しいけど、経済的にも体力的にも厳しい。

親族に二人目はまだ?

とか、

子供にうちにはどうして赤ちゃんが来ないの?

と言われると本当に辛い。

せっかく子供が授かったのに、もやもやな毎日を過ごしていて思っていた日々と違った・・・

とか、

治療で流産を繰り返し、表面的には息子は第一子ではあるけれど、

この子の前に二人いる。流産で亡くした子供達への思いが今も心にあるが、

それは主人さえもわかってもらえない、

など、

不妊を経験された方特有の気持ちがお子さんを授かってもあります。

でも、上記のように思うことは

とても自然なことで、

子供が授かったのに素直に喜べない自分はおかしい、

と感じる必要はありません。

不妊は自分のことだけではなく、

パートナーとの関係でもあるし、

お子さんが生まれればお子さんとの関係でもあるので、

とても複雑なのです。

だから、

子供が授かったからといって不妊の経験から解放されることはなく、

むしろ、

おそらく一生つきあっていくテーマとなります。

ただ、不妊がずっとネガティブだったり、負担だったりするとは限りません。

不妊の経験を自分の中の

「汚点」

「欠点」

とするか、

辛い思いもしたけれど、その経験も今の自分を作っている、

不妊の経験を受け入れられれば今後の人生は変わりますよね。

自身の不妊の経験とどのようにうまくつきあえるか、

それぞれで違いますが、

少なくとも上記したように不妊の経験を自分の一部として受け入れることができれば

自分の生き方に自信が持てると思いますし、

これから起こる様々な生殖にまつわる出来事にもうまく対応できるのではないかと思います。

 

 

二人目(以降)

不妊治療で諦められない二人目

こんにちは。

心理士の小倉です。

今回はいつもお世話になっている平山史朗先生の記事のご紹介👇

https://dual.nikkei.com/atcl/column/17/070900206/070900002/?n_cid=nbpdual_mled_f_kw

10年前に比べますと、

二人目を不妊治療で授かりたいという方がとても増えたように思います。

そこには、平山先生がおっしゃってるような、

夫婦二人、子供は二人、という定番の家族像が、

根付いている部分もあるでしょう。

さらに、不妊治療という、数十年前なら40歳になって子供が欲しい、と思うことは

少なかったと思いますが、

今は40歳なら全然いける!

くらいの、雰囲気がありますよね。

40歳で授かる確率はずっと変わらないのですが、

40歳で授かろうとする人数が増えたので、

結果、40歳で出産している人が増えているだけなんですけどね・・・

ですが、

40歳だけど、二人目が欲しい!という気持ちは

決しておかしくありませんし、大切にしていただければと思います。

ただ、平山先生の記事にあるモヤモヤとのつきあい、

これはどうしても出てくると思います。

そのモヤモヤは、うまく対処できればいいですし、

カウンセリングを利用していただくこともできると思います。

ママ友の間で二人目が欲しいんだけど、と言って、

真剣に聞くことができるお友達は、とても少ないと思います。

それは、「正解」がないから。

正解は自分で見つけないと、正解にならないので、

カウンセラーがお手伝いできると思います。

 

カウンセリングのお申し込みはこちらから👇

https://cr-gerbera.com/contact/

 

 

二人目(以降)

二人目どうする?

8月も終わりになり、

ちらほら、幼稚園バスをみかけるようになりました。

最近は8月から幼稚園は始まるんですね目

 

この数年、一人目が治療で授かると、二人目に関する相談も増えました。

以前は一人授かれば、本当は欲しいけど、

経済的にも時間的にも身体的にも無理、という感じでしたが、

40代、40代半ばになっての妊娠も、

それほど抵抗がなくなったということもあり、

二人目への思いを伺うことが増えたように思います。

 

大事なことは、子供のために兄弟がいたほうがいい、

と思う方も多いのですが、それはあくまでご自身の思いであって、

お子さんの思いではありません。

 

お子さんが小さいと、お子さんが兄弟を望んでいるかどうか、

わかりづらいのですが、2~3歳になると、

小さい子に興味を持つお子さんと、

全然興味をお持たないお子さんがいます。

それが一つの目安になります。

 

だからといって、小さい子に興味のあるお子さんが兄弟を求めている、

とは限らないですし、お子さんの意見よりも、自分の思いや家族の希望、

などもあるでしょう。

 

ポイントは:

一人っ子であっても「かわいそう」ではない。

 

一人っ子のお子さんが兄弟がいる経験を知ることはないのだから、

どっちが幸せかは知ることはないですよね。

一人っ子だって、幸せになれます。

ヒヨコ ヒヨコ ヒヨコ

 

みんな兄弟いるからうちの子にも、という思いはあるでしょう。

でも、「みんなと一緒」の安心感を得るために苦労をすることになるのなら、

みんなと一緒ではないけど、

大丈夫かも、という安心感を得るための努力のほうが建設的かな、

と思います。

 

勿論、家族全員が兄弟を望んでいる、ということであれば、

その迷いはないでしょう。

けど、それが叶わないかも、

という喪失感に関してはケアが必要かもしれません。