不妊治療

30代の不妊治療

こんにちは。
心理士の小倉です。

非常事態宣言が解除された地域が多い中、

まだ解除されていない都市もあり、
妊活中の方、治療中の方にはまだまだ心休まらない毎日ですよね…

さて、今回は30代の不妊治療について書きたいと思います。

30代といっても30代前半と後半は全然違いますよね。
なぜかと言うとそこに35歳の壁、があるからです。

35歳を境に妊娠する確率が急激にさがる、というデータがあるからですが、
この35歳は目安になる反面、焦りや不安も生じさせます。

また、現在は40代で治療されている方も多く、その中で30代は若いので、
医療機関、医師ですら、「まだ若いから大丈夫」という言葉をかけがちですが、
本人が一番子どもができない現状を知っているので、
その言葉に理解してもらえない、もどかしさを感じます。

30代の方でも早発閉経や様々な妊娠しにくい病、症状をお持ちの方も多いのです。
一刻も早く治療を、という思いと、

そこまでやらなくても大丈夫なんじゃないか、という揺れる気持ちになるようです。

実際、不妊治療の内容は大きなところでは変化はないのですが、
細かい薬の種類や方法は少しづつ変化し、10年前よりは今のほうが質はよくなっているようです。

そうなると、今は妊娠しなくても10年後妊娠するかも、ということはあります。

一方で、仮に10年の不妊治療、となりますとこれはものすごい負担です!
経済はもちろん、体も、そして心の負担はすさまじいものです。
合間、合間で休憩される方もいらっしゃいますが、その間に周囲はどんどん妊娠し、子どもは成長していきます。
それらを目の当たりにしながらの生活は辛いものです。

30代後半の方の気持ちとしても今度は40歳の壁、が見えてきます。
その焦りは大きいです。
35歳の壁とはかなり違う巨大な壁です。
その焦りを理解して下さる方が近くにいるかどうかで、治療への取り組みも変わってくるだろうと思います。

30代での治療といっても様々ですが、30代は現社会においては「生殖期」となり期間限定です。生殖について最近取り上げられることが増えましたので、

妊娠・出産が期間限定であることについて知る人が増えた一方で、
この情報に焦りや不安を感じる人も増えました。

日々の生活を送る中で、自分が何を望んでいるのか、結婚して、子どもを産んで、育てたい、
という気持ちがあるにしても、
どんな結婚で、どんな妊娠・出産で、どんな子育てて、その中でどう自分らしく生きていくのか、を考えられると少し心のバランスを取りやすくなるかと思います。

プレビューを更新
不妊治療

双子

こんにちは、心理士の小倉です

 

さて、最近、双子のお子さんを見かける機会が多くありませんか?

自然妊娠での双子の確率は日本と海外とはちょっと違うようですが、

ざっくり1%程度。

一卵性でも二卵性でもこの1%に入るので、

その可能性よりは多くの双子を日本でも海外でもみかけるようになったと思います。

おそらく何らかの「治療」をされたかな、という印象は持ちますが、

今やART(高度生殖医療)で生まれたお子さんは日本では

20人に一人!

不妊治療は社会的な周知はされてきて、

10年前と比べてもかなり「ハードル」が低くなったかな、と思います。

でも一方で、治療についてみんなが詳しくなると、

もし治療で双子を授かった場合、

「あ、治療されたのかな?」って思われるかもしれない、

という不安や心配が出てくる人もいます。

10年前以前は不妊治療についてほとんど知られていなかったので、

かりに双子で授かっても、治療した?ということはなかったようです。

 

現在は不妊について理解してもらえる機会は増えたように思いますが、

逆に情報が先行し、

当事者の気持ちを配慮する、

というところまでは難しいようです。

とはいえ、海外のセレブ達がバンバン双子を出産したり、

日本でも芸能人のお子さんが双子だったりすると

不妊治療、というより

生殖医療、というイメージになっていくでしょうか?

 

 

不妊治療

夫婦6組のうち1組が“治療”経験あり…

産経新聞の記事です。

ほんの一文、私が登場しております・・・

データとしては参考になりますが、

気持ちの面ではとても複雑な記事です。

事実を受け止めつつも、

自分にとって最善の選択をすることの難しさ、

また、夫婦の問題なので、自分一人では決められない難しさもありますよね・・・

 

https://www.sankei.com/premium/amp/161008/prm1610080019-a.html