カウンセリング

国際結婚

心理士の小倉です。

 

不妊治療のご夫婦でも国際結婚の方、結構多いです。

患者数としては最近どんどん増えてきているように感じますが、

(ご夫婦とも外国の方も増えました!)

私のカウンセリングでも

以前から比較的よく相談にこられています。

ほとんど奥さんが日本人で

ご主人は海外の方。

でも、最近は奥さんが外国の方で、ご主人が日本人のケースもあり、

奥さんの日本語がとても上手です!

 

いずれにしても出身地によって

その国の不妊治療の方法は全然変わってくるので、

私も勉強になります。

まずは国や文化の違いを教えていただき、

奥さんはどうしたいのか、

ご主人はどうしたいと言っているのか、を伺い、

どこに妥協点を見つけるか、

というのがカウンセリングの中心となります。

 

相談内容として多いのは(奥さんが)40歳をすぎて

(海外で)体外受精を行ってくれる施設がないので自分一人だけ日本に来て治療している、

あるいはしたほうがいいのか、

という話です。

養子縁組や夫婦二人の人生はまだ考えられない、

もしくは受け入れられない、

という方も多いです。

そうですよね、

40歳以上だと体外受精ができない、

というのは日本ではえ~!

と驚きますが、

数字的には妥当な判断ではあります。

 

あとは単純に住んでいる海外では不妊治療施設がない、ということ。

だったら日本でやろう、ということもあるようです。

 

奥さんが日本人で海外在住の場合、

日本的な子供へのあこがれ、

三月や五月の節句、七五三などはご主人とはちょっと共有できないので、

そのあたりを受け止めて、治療をどうするのか、

夫とのコミュニケーションはできるのか(言葉ではなくて)、

最終的にはお住まいの地域(海外)での

サポート体制の確保(日本語で相談できるところ、など)

を検討していきます。

 

日本に在住で国際結婚の場合は、外国人の奥さん、ご主人に、

相手の文化的な背景を尊重しながらも、

日本的な不妊治療のやり方、子供を授かることの考え方を共有し、

夫婦として、どこまで合意できるかを検討することになります。

 

英語でもカウンセリング行います。

ご希望の方はこちらからお問い合わせください👇

https://cr-gerbera.com/contact/

 

カウンセリング

カウンセリングの事例:治療の辞め時

今回は最近多い不妊治療のやめどきについての

カウンセリングをご紹介します。

 

クローバー黄色い花クローバー黄色い花クローバー黄色い花クローバー黄色い花クローバー黄色い花クローバー黄色い花

クライエント(以下ク)女性42歳。治療歴5年、体外受精3年目。

ク「体外受精はもう7回やってます。移植はもっとかな。最初はすぐに妊娠する、と思っていたのに、全然妊娠しなくて、最近はもう妊娠しないよね、と思いながら採卵しているので、これで妊娠するはずはないよね、と自虐的になったり。でも、やめたら子供のいない人生が決定するので、それも怖いし・・・。年齢を考えるともう無理だと頭でわかっていても可能性がゼロでない限り、もしかすると、と思って続けています。みなさん、どうやってやめることを決めるんですか?」

カウンセラー(カ)「治療を終えることを考えているのですね?」

ク「そう、ですね・・・。終わらせないといけない、って感じですかね。お金もかかりますし・・・」

カ「終えたくないけど、経済的なことを考えるといつまでも続けられない、ということですか?」

ク「う~ん、正直、お金はなんとかなるとは思ってます。ただ主人はいつまでも保証もないものにお金を使えないよ、っていうんですよね。かといって、もうやめたら、とも言わないんですよ。君が決めたらいいって。」

カ「う~ん、それはご自身にとっては難しいですよね。不妊治療は夫婦で取り組むことなので、一見妻に判断を任せるのは優しい夫、と思いがちですが、本来は二人で話し合って、お互いの意見を尊重しながら妥協しながら決断しないと決めることが負担になります。ご夫婦での話し合いはどんな感じですか?」

ク「話し合っていると思ってましたが、今言われたように、お互いの意見交換って感じではないかも。私が一方的に話して、それでいいんじゃない?って感じで・・・。協力してくれていると思っていたけど、独り相撲していたのかも・・・」

カ「治療はいつか終えるときが来ると思いますが、不妊に終わりはありません。不妊を経験したことは治療終結後もご夫婦が一緒につきあわないといけないことになります。その時にご夫婦の関係、とくに意思疎通、コミュニケーションは大事です。コミュニケーションがうまくできているご夫婦ほど、不妊とうまくつきあっていけます。具体的にご主人とはどんな会話をしますか?」

 

あじさいブーケ2あじさいブーケ2あじさいブーケ2あじさいブーケ2あじさいブーケ2

 

治療終結についてのご相談ですが、

ご夫婦の関係に話が展開しているケースです。

 

治療をやめるという決断はとても大きな決断なので、

一人で決めるには負担が大きいと思います。

その際に、ご夫婦で決められるかどうかを

カウンセリングでは確認します。

意思疎通が難しそうなご夫婦にはうまくできるような

提案もしていきます。

 

上記とは違って、もっと本質的な、

子供のいない人生を受け入れるためのカウンセリングもあります。

 

治療の終結は個人でも違うし夫婦でも違います。

でも共通のポイントは

自分にとっての生殖物語(子供が欲しい理由)は何か、

不妊であることは夫婦の関係性の問題であることの認識、

です。

 

治療のやめどきを考えるのは辛い部分もありますが、

タイミングを逃すともっと辛くなることもあります。

ご自身のタイミングを逃さないようにできれば、と思います。

カウンセリング

最近のカウンセリング

こんにちは。

今回は最近のカウンセリングの特徴についてお伝えします。

 

最近は本当にカップルのカウンセリングが増えましたね!

とはいえ、1か月に1組の割合ですが、

3年前までは1年に1~2組くらい。

でも、一度来てくださると継続してくださいます。

あとは

治療終結の相談は本当に増えました。

5年前までは治療中の辛さや焦りが

多かったのですが・・・

年齢のことがあったり、

治療で結果が得られないと

やめどきについて考えてしまいますよね。

それにともない、

養子縁組、里親制度についての相談も増えました。

 

10年前から変わらないのが

ステップアップ、といいますか、

体外受精への抵抗、

顕微授精への抵抗、

です。

人工授精はいいけど、

やはりART(高度生殖補助医療)はね・・・

IVF(体外受精)はいいけどICSI(顕微授精)はね・・・

夫の抵抗があったり、

妻の抵抗があったり、

自分たちはいいけど、両親たちは反対だったり。

 

今や生まれてくる赤ちゃんの

18人に1人

はARTで生まれてきていますが、

やはり「抵抗」はあるようです。

でも、その抵抗はとても自然な気持ちです。

そんな気持ちを受け止めつつ、

今後どうしていけばいいのか、

カウンセリングではクライエントさん(相談者)と一緒に

検討していきます。

カウンセリング

いろいろなカウンセリング

こんにちはニコ

今回はカウンセリングといってもいろいろな形態があることを紹介しますニコニコ

カウンセリングには

①面接カウンセリング

A 個人

B カップル・夫婦

C 家族

②グループカウンセリング

③電話カウンセリング

が主にあります。

これに加えて最近は

④メールカウンセリング

⑤オンラインカウンセリング

が行われ始めています。

それぞれメリット、デメリットはあります。

ヒヨコ面接カウンセリング

一番カウンセリングの効果が期待できるのは

面接カウンセリングです。

対面で、この人なら信頼できる、というカウンセラーに

自分の悩みを聞いてもらい、それを整理したり、

解決の方向に持っていければ

大きなサポートになります。

カウンセラーもクライエントの言葉以外の、表情や

しぐさなどからも、たくさんの情報を得て、

よりクライエントの役にたてる発言が

早い段階で行えます。

ただ、面接カウンセリングの場合、

その場に行くことの時間的、距離的な拘束、

料金が高め、

カウンセラーとの相性が悪い場合の、

落胆、などがあります。

面接カウンセリングの場合は、

クライエントの相談内容によっては

カップル、家族(両親とお子さん、祖母、母、娘、の3世代)

で受ける方がよいときもあります。

カップル、家族の場合は、

普段は言えないこと、

あるいはつい言ってしまうことを、

カウンセラーという、第三者がいることで、

感情的にならずにいられるとか

カウンセラーの質問でこれまで伝えたことのなかったことを

相手に伝えることができるなど、

効果的なことはたくさんあります。

ヒヨコグループカウンセリング

グループカウンセリングですが、

これは同じような悩みを持っている方が集まる場合が多いので、

自分だけがこんなに悩んでいるわけではない!

という、勇気をもらえます。

また、色々な人の、その対処法を知ることができるので、

それも参考になります。

また面接カウンセリングより料金は低く、

参加しやすいメリットはあります。

一方で、自分と同じ状況の人がいるのではないかと

期待して参加したら、全然そういう人はいなかった、

参加者は皆、自分より「立派」だった、

という、逆に孤立を感じることもあります。

ヒヨコ電話カウンセリング

電話カウンセリングは

電話でのカウンセリングですので、

場所を選びませんし、

時間の設定も様々なので、利用しやすいと思います。

また、匿名性も保てるので、

ちょっと相談してみたい、

あるいはすごく深刻なことだが、

誰にも知られたくない、という場合には最適です。

ただ、面接よりはクライエントの情報が得られないため、

カウンセラーの適切なサポートが難しい場合もあります。

ヒヨコメールカウンセリング

より利便性が高いのが

メールによるカウンセリングです。

相談したいことをメールで送るだけですし、

時間も場所も選びません。

ただ、本来の心理カウンセリング、という要素はかなり低くなり、

「悩み相談」の内容になりがちです。

ヒントにはなると思いますが、

面接、グループ、電話ほどの心の整理にはなかなかつながらないように思います。

それでも、メールカウンセリングという選択肢があること、

そこから他の、より効果的なカウンセリングにつながることは大事だと思います。

ヒヨコオンラインカウンセリング

これは面接と電話とメールカウンセリングをあわせたような方法で、

これからの主流になっていくかもしれません。

カウンセリングの料金は変わりませんが、

交通費はかかりませんし、

場所を選びません(ご自宅、車の中、職場、出先などなど)

相手の顔をみて、話せますし

ちょっとしたやりとりはメールでフォローする機能もあります。

それでも同じ空間を共有する面接カウンセリングほどの

効果は難しいと思いますが、

電話カウンセリングよりはクライエントの心の変化は期待できると思っています。

いろいろな選択肢があるのが大事なのことです。

それぞれの特徴を知って

上手に利用していただければ何よりです虹

カウンセリング

カウンセリングのアプローチ

こんにちは虹

季節や日付の変わり目となりますが、

いかがお過ごしですか?

今回は私のカウンセリングのアプローチについてのご紹介ですクローバー

アプローチって何?

と思われる方もいらっしゃると思いますが、

どのようにカウンセリングをすすめるか、

というものです。

その前に・・・

カウンセリング、といえば、

クライエント(患者)のお話を聞くことニコニコ

そして、それに対して

カウンセラーが対話をすすめることでクライエントの利益を一緒に見つけるものニコニコ

ですが、

化粧品とか、

フィットネスクラブとか、

英語教室とか、

いろんなところでカウンセリングはありますよね?

そういうところでは、

「アドバイス」と言われる、

提案、推奨、が中心になります。

私が行っているのは

「心理カウンセリング」

となりますので、

アドバイス、というよりは

提案をするとしても、

それを選択するかどうかはクライエント次第ですし、

選択するためのサポートをしていきます。

そんな心理カウンセリングでも、

いろいろなアプローチ方法があります。

その中で、私は

来談者中心療法+認知行動療法

を行っていますニコ

基本は、来談者中心療法という、

クライエントの話を傾聴し、

クライエントの価値観を尊重し、

その中で、クライエントが自己決定できるようにサポート方法です。

ただ、不妊にかかわると、自分でどうすればいいのか

わからなくなることがたくさんあります。

というのは、治療をするにしても、

結果が保証されず、確率の中で決断をしないといけないので、

迷うことが山ほどある上に、

不妊は夫婦の問題で、

一人で決めることすら、できないことも多いのです。

そんなとき、

認知行動療法という、

目に見える結果、を重視する方法でサポートします。

早く結婚して子供を産めばよかった、

それを毎日後悔していて苦しい気持ちになっているとしても、

その後悔の気持ちをなくすことにエネルギーを注ぐのではなく、

今できることは何か?

今しないといけないことは何か?

に焦点をあてます。

例えば

転院をするのかどうかを悩んでいるのなら、

そのメリット、デメリットについて話し合ったり、

表を作ったりして、意思決定を促します。

最終的に、転院する、と決めた場合、

見える結果(転院するという行動)が得られるので、

クライエントは、少し前に進んでいることを実感し、

それが沈みがちな気持ちに自信を与え、

少し元気になる要因にもなります。

また、上記のように、メリット、デメリットをカウンセラーと話し合うことで、

転院のことだけでなく、

それまでの後悔の気持ちについても

整理につながります。

カウンセリングというと、

色々なイメージを持たれると思いますが、

どんなカウンセリングであっても、

クライエント(相談者、患者)自身の利益を

一番大事にします。

つまり、押し付け、ではないので、

もし、押し付けられてるなあ、って思ったら、

それはカウンセリングではなくて、

アドバイザーとか、コンサルテーション、

になるのかもしれません。