お知らせ

グループ・カウンセリング「今、治療をどうする?」の開催

こんにちは。心理士の小倉です。

緊急事態宣言も解除され、少しずつ外出する機会が増えたでしょうか?

新型コロナウィルスの感染リスクは変わらないようですが、日々の生活の中で感染を予防する意識が高まり、結果としてリスクを少し、コントロールできるといいなあ、と思います。

ガーベラ不妊相談室ではすでに対面カウンセリングは行っていますが、グループ・カウンセリングは休止していました。ただ、このような状況の中だからこそ、話がしたい、他の人の話を聞きたい、という思いもあるかと思います。

そこで今、一番気になるテーマ、「今、不妊治療をどうする?」をグループで話し合いたいと思います。

日時: 6月27日(土)10時~12時

場所: ガーベラ不妊相談室(JR西船橋徒歩5分)

対象者:現在、不妊治療について悩まれている方。男性、女性、ご夫婦でも。

参加人数:先着3組(マスクの着用をお願いします)

参加費:お一人2000円

お申し込みはこちらから👇

https://cr-gerbera.com/contact/

 

 

 

 

 

お知らせ

6月からのカウンセリング活動

こんにちは。心理士の小倉です。

非常事態宣言が解除されましたね。

新しい日常を、ということですが、第二波が予想される中で、今できることをやっていこう、ということだと思います。

5月からすでに個人の対面カウンセリングを行っていましたが6月は少人数ではグループの開催も予定していますので、日時が決まり次第お知らせしますね。

こんな状況ですが、ガーベラ不妊相談室近くの歴史ある旅館が閉鎖されるとのことでちょっと見に行ってしまいました。

126667

玉川旅館です。太宰治も宿泊し、執筆をしたというふる~い旅館。温泉もあり、本当に素敵なのですが、周りはすっかり現代。タイムスリップした空間でした(外観の見学はOKでした)

126668

126669

コロナの影響もあり、廃業を決めたそうです。

以前から気になっていた場所ですが、なかなか行く機会がなく、廃業、取り壊されると聞いて慌てて見に行った次第ですが…。そうでもなければ、行きたいと思っても行ってない場所、いつまでもあるという勝手な想像、などなど、考えさせられますね。

対面カウンセリング、随時受け付けております。お気軽のお問い合わせください👇

https://cr-gerbera.com/contact/

 

不妊治療

30代の不妊治療

こんにちは。
心理士の小倉です。

非常事態宣言が解除された地域が多い中、

まだ解除されていない都市もあり、
妊活中の方、治療中の方にはまだまだ心休まらない毎日ですよね…

さて、今回は30代の不妊治療について書きたいと思います。

30代といっても30代前半と後半は全然違いますよね。
なぜかと言うとそこに35歳の壁、があるからです。

35歳を境に妊娠する確率が急激にさがる、というデータがあるからですが、
この35歳は目安になる反面、焦りや不安も生じさせます。

また、現在は40代で治療されている方も多く、その中で30代は若いので、
医療機関、医師ですら、「まだ若いから大丈夫」という言葉をかけがちですが、
本人が一番子どもができない現状を知っているので、
その言葉に理解してもらえない、もどかしさを感じます。

30代の方でも早発閉経や様々な妊娠しにくい病、症状をお持ちの方も多いのです。
一刻も早く治療を、という思いと、

そこまでやらなくても大丈夫なんじゃないか、という揺れる気持ちになるようです。

実際、不妊治療の内容は大きなところでは変化はないのですが、
細かい薬の種類や方法は少しづつ変化し、10年前よりは今のほうが質はよくなっているようです。

そうなると、今は妊娠しなくても10年後妊娠するかも、ということはあります。

一方で、仮に10年の不妊治療、となりますとこれはものすごい負担です!
経済はもちろん、体も、そして心の負担はすさまじいものです。
合間、合間で休憩される方もいらっしゃいますが、その間に周囲はどんどん妊娠し、子どもは成長していきます。
それらを目の当たりにしながらの生活は辛いものです。

30代後半の方の気持ちとしても今度は40歳の壁、が見えてきます。
その焦りは大きいです。
35歳の壁とはかなり違う巨大な壁です。
その焦りを理解して下さる方が近くにいるかどうかで、治療への取り組みも変わってくるだろうと思います。

30代での治療といっても様々ですが、30代は現社会においては「生殖期」となり期間限定です。生殖について最近取り上げられることが増えましたので、

妊娠・出産が期間限定であることについて知る人が増えた一方で、
この情報に焦りや不安を感じる人も増えました。

日々の生活を送る中で、自分が何を望んでいるのか、結婚して、子どもを産んで、育てたい、
という気持ちがあるにしても、
どんな結婚で、どんな妊娠・出産で、どんな子育てて、その中でどう自分らしく生きていくのか、を考えられると少し心のバランスを取りやすくなるかと思います。

プレビューを更新
ピア・カウンセラー

単純作業。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。

緊急事態宣言が延長となりました。
ここまでが目安ということを目標にやってきての延長、というのは
どこかで分かってはいたとしても、ダメージは大きいと思います。

ストレスも溜まってきますよね。
心理を学んだ時に、「ストレス軽減には単純作業が効果的」と知りました。
単純作業は考えることを脳がさぼり始めるのだそうです。
その時は、お皿洗いを例にした講義でしたが、
知らないながらも、私はイライラすると野菜のみじん切りをしていたことを
思い出しました。よかったら試してみてください。

GWに家の片づけをしていたら、こんなものが出てきました。
IMG_9935
写仏です。
不妊治療中、近くのお寺でやっていたので時々通っていました。
静かな時間の中で墨をすり無心に線をなぞっていきます。
これも単純作業の1つかもしれません。
久々にやってみようかと思います。

「何かをしなくてはいけない」わけではありません。
「何もしない」と決めて本当に何もしないことを実践することも
いいと思います。
1日TVもPCも触らない、それだけでも気持ちの切り替えになるかもしれません。

5月も引き続き、新規の方のピアメールカウンセリング、電話カウンセリングを
各2枠無料で行います。
https://cr-gerbera.com/contact/

カウンセリング, ピア・カウンセラー

迷う時。

こんにちは。不妊ピアカウンセラーの岡田です。

困難な状況が続いていますが、もうしばらく掛かりそうで悩ましいですね。
治療延期が推奨される中、普段通りに治療を行うクリニックもあり
悩まれ、揺れていらっしゃる方も多いと思います。
今までと違う仕事との両立の悩みもあるかもしれません。

引き続き、今月いっぱいはメール、オンラインの無料相談を受けたいと思っています。

相談頂いた方からは、どうしていいか分からない、治療は不要不急と言われて辛い
でも、治療して妊娠しても不安、様々なそして切実な想いを伺っています。

どう話していいか分からない方も事前に問診票にお答え頂きますので
その内容から伺うことも可能です。
お1人で抱え込まず、ご相談くださいね。

不妊の気持ち

生殖物語

こんにちは、心理士の小倉です。

今回は「生殖物語」についてお伝えします。

生殖物語とはその人が抱く将来の家族像で結婚すること、子供をもつこと、孫を抱くこと、などがすべて含まれます。

よくあるのは

結婚したら子供を二人くらい産んで年をとったら孫にかこまれて静かにくらす、というものでしょうか?

あるいは具体的に男の子を二人産んで、一人は野球選手、一人はテニスの選手にする!女の子に洋服を作って着せてあげたい、

そして孫にセーターを編んであげたい、という年配の方の思いも生殖物語、と呼びます。

でもこの生殖物語があるからこそ、不妊で悩まれている方は苦しいのです。こんなはずじゃなかったのに、と。

生殖物語は2,3歳ころから作られ始めます。自分の家族を見て、世の中にはお父さんとお母さんと子供と赤ちゃんがいるらしい、と知ります。

そして自分も大きくなったらそんな役割をになってみたい、と自然に思うのです。ですから一方で、自分は絶対に結婚しない、結婚はするけど、子供はいらない、という方もいます。これもこの方の生殖物語、となります。

この生殖物語は誰でも持っています。小さなこどもから80歳の方まで。そのつど変化があったり、追加があるものですが、不妊の方が一番つらいのは「書き換え」をしないといけないことです。

子供がいる、いない、とでは物語が全然変わるからです。その作業はとても悲しいものですが、この作業をしないと、先に進めないのです。

生殖物語の書き換えは不妊をしっかり悲しみ受け入れることから始まります。そのうえで、新しい生殖物語を書き始めていきます。

大事なことは自分の生殖物語を確認するとともにパートナーの方の生殖物語を知ることです。案外、自分の生殖物語について曖昧だったり、ましてやパートナーはどんな思いを持っているのか知らないことが多いので、これを機に一度きいてみてもいいかもしれません。

お知らせ, ピア・カウンセラー

今できること。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。

日々状況が変わる中で、決めても決めても迷い
自分で決めても、周囲の環境でままならないこともあるかもしれません。

常に何かを考え、検索している方も多いでしょう。
情報を入れることも大切ですが、気持ちを外に出すこと、頭を休めることも
大切です。

いつもなら話せる間柄の人も、今は皆自分のことで一杯一杯かもしれません。
カウンセリングも上手く活用してくださいね。

今、私にできること…。
色々考えたのですが、
ピア電話カウンセリング、メールカウンセリングを各2名様
無料で受け付けることとしました。

先着で合計4名様にはなりますが、よろしければ
info@cr-gerbera.com
までご連絡ください。その際、上記アドレスからの返信を受け取れる
ご連絡先と、電話かメールかのご希望をお書きください。

お知らせ

4月の対面カウンセリング休止します

心理士の小倉です。

本日、千葉のクリニックのほうで対面カウンセリングをおこなってきましたが、やはりこの時期に外出することは、コロナウィルス感染のリスクをなかなか下げることは難しい、と感じましたので、ガーベラ不妊相談室でも4月の対面カウンセリングは休止させていただきます。

オンライン相談、ピア・カウンセラー岡田の電話カウンセリング、新しく始めたメール・カウンセリングはありますので、よろしければご利用くださいね。

メール・カウンセリングのたとえ?

対面カウンセリングがイタリアン・レストランでパスタをいただくこと、とするのなら、スーパーで売ってるそのパスタソースを買って、自宅で食べるようなもの。

味はおいしいけど、どのくらい使えば適量なのか?自分でゆでたパスタにぴったりの量にするには、きちんと説明書きをよまないといけないのですが、ついつい適当にかけちゃう・・・微妙にレストランの味とは変わってくる・・・でも、安いし、好きな時に食べられるし、お手頃ではありますよね。

難しいたとえかな?

 

一日でも早く、終息に向かうことを心より願っています

 

お知らせ, ピア・カウンセラー

【お知らせ】ピア・メールカウンセリング

S__13525004
こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。

新型コロナウィルスの影響が長引いて、様々なことに不安を感じていらっしゃる方も
多くいらっしゃると思います。
状況は違いますが、私は東日本大震災の時に治療をしていました。
東北に親戚も多くいましたので、自分のこと以外にも不安な日々でしたし
不妊治療の意味を色々考えてしまう日々でした。

ただでさえ、多くの選択と決断を繰り返す不妊治療。
混乱の中では、更にその選択と決断が増えてきますが、本当に難しいですよね。
焦って答えを決めようとしたり、1人で考えすぎないようにされてくださいね。

この度、より利用しやすいピア・メールカウンセリングを
スタートしました。事前振り込みとなり、字数は無制限です。

小倉が様々なカウンセリングを料理に例えていましたが、
メール・カウンセリングは…なんでしょうね。

ワインを飲みながら、ラベルを見る感じでしょうか。
2日目も味の変化を楽しめるカレーでしょうか…
難しいので、例えは小倉に任せましょう。(笑)

お申し込みは↓から。
https://cr-gerbera.com/contact/

カウンセリング

対面と、オンラインと、電話の違い

こんにちはクローバー緊急事態宣言がだされましたね

それだけで、不安が高まりますが、1年、2年のタイムスパンで、この状況をとらえるのが、よいかもしれません・・・

さて、対面カウンセリングも、難しくなってきましたので、最近ではオンラインのカウンセリング、電話でのカウンセリングのニーズが高まっていると思います。

医療の方(内科や、薬の処方)も同じではあると思いますが、カウンセリングにおいて、対面と、オンラインと、電話では何が違うのかを簡単にお伝えします。

対面カウンセリングは

たとえば、

イタリアンレストランで、ゆでたて、作り立てのパスタをいただくこと、インテリアも素敵だし、スタッフも素敵だし、音楽や雰囲気も素敵。品ぞろえも、豊富です。

オンラインカウンセリングは、

その同じイタリアンレストランのパスタを、テイクアウトで注文し、ご自宅などでいただくこと、とてもおいしいし、自宅などでいただけるので、落ち着きますが、味は作りたてにはかなわず、注文できるメニューも限られます。

電話カウンセリングは、

その同じレストランが、レトルトでスーパーやコンビニで売っているパスタを、ご自宅などで、温め直していただくこと、味は、レストランでだされるものに、限りなく近いし、値段も安いしいつでも食べられるけど、店内でいただく、テイクアウトの味には、及ばない・・・

こんなたとえを使いましたが、だからといって、対面カウンセリングが一番良い!と言っているのではありません。

一番、「効果的」ではあります。カウンセリングでは人と、場所と、時間がとても大事だからです。

でも、時と場合によって、オンラインが自分にとってベストだと思うときも、電話が自分にとってベストな時もあるわけです。

ご自身のニーズに合わせて、カウンセリングを利用していただけば何よりです照れ

 

 

オンラインカウンセリングはこちら👇

https://clinics.medley.life/clinics/5a71a02ad3be621f49bbbdc2