お知らせ

4月のカウンセリング活動のお知らせ

こんにちは。

心理士の小倉です。

関東圏では外出自粛となり、カウンセリングを行うことも受けることも難しくなってきましたが、ガーベラ不妊相談室ではピア・カウンセラーによる電話カウンセリングを行っています。

日時についてはこちらまでお問い合わせくださいね👇

https://cr-gerbera.com/contact/

 

また、Fineのピア・カウンセラーによる対面のカウンセリングもあります👇

https://j-fine.jp/activity/counseling/pia-kanto.html

 

私のオンライン相談もあります。登録が面倒で申し訳ありませんが・・・よろしければご検討くださいね👇

https://clinics.medley.life/clinics/5a71a02ad3be621f49bbbdc2

 

 

お知らせ, ピア・カウンセラー

【お知らせ】ツイッター始めました!

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。
461e0114b44276ec00e1428833431e40_s

新型コロナウィルスの報道が連日流れ、ネガティブな画像を見ると不安になる方も
いらっしゃると思います。

「通院先の医師は大丈夫というけれど、本当に大丈夫なのか」
「年齢を考えると休みたくても休めないが、不安が大きい中で取り組んで
上手くいくと思えない」

そんな相談を頂くこともあります。
ただでさえ選択や決断が多い不妊治療、本当に悩ましいですよね。

心が揺れている時には、判断力も鈍ります。
情報は多ければ安心できる、という訳ではありません。

特にテレビのワイドショーやインターネットは玉石混交です。
空の棚や行列を繰り返し見せられたら不安になるのは当然です。
不安の軽減には、必要最低限の情報を取り入れるというのも方法かもしれません。

私は、東日本震災後テレビではなくラジオ中心の生活になりました。

また、気持ちを口にすることは大切です。
ガーベラ不妊相談室では、
面接カウンセリング、電話カウンセリング、オンラインカウンセリングも
いつも通りお受けいただけますのでご活用ください。

そして、ガーベラ不妊相談室のツイッターを始めました!
@gerberacr
です!色々発信していけたらと思います☆
よろしく願いします!

お知らせ, ピア・カウンセラー

【お知らせ】ピア電話相談。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。
IMG_4742

新型コロナウィルスの影響が大きくなり、皆さんの気持ちも
ざわざわしていることと思います。

私は、東日本大震災が起きた時に不妊治療をしていました。
その時は、ガソリンや水がなくなり、ガソリンスタンドは毎日行列。
水はどの店にもありませんでしたし、見つければ黒山の人だかりでした。

父の友人がガソリンスタンドを経営していたのですが、
「本当に必要としている人はごくわずか。
常に満タンにしていないと不安という人ばかりで嫌になる」と
言っていて、しばらくして店を辞めてしまいました。

テレビでは連日コロナ関連のニュースばかりです。
空っぽの店内を毎日見せられたら、在庫があると言われても不安になる気持ち。
情報が溢れる中で、何が本当か分からず疑心暗鬼になる気持ち。
とても分かります。

通院して大丈夫なのか、今妊娠して大丈夫なのか、悩まれる方も
いらっしゃると思います。

まずは一番近くの正しい情報、通院先の方針を確認しましょう。
そして、自分はどう感じるのか、どう思うのかを確認してみましょう。
1人で考え込まず、色々口にしてみたり書いてみることがお勧めです。
誰かに話してみるだけでも違います。

これを機に、不妊・ピアカウンセラーの電話相談をスタートします。
45分3000円です。(事前の振り込みをお願いします)
よろしければご活用くださいね。
申込フォームからご希望の日時をお知らせください^^)

お知らせ

オンライン相談のご案内

こんにちは、心理士の小倉です。

コロナウィルス感染拡大防止のため、カウンセリングの利用も難しい状況になっております。ガーベラ不妊相談室でも、グループの開催は休止することになりましたが、個人での対面カウンセリングは通常通り行っています。

また、オンライン相談やピア・カウンセラーによる電話カウンセリングもありますので、お気軽にお問い合わせください。

オンライン相談はこちら👇

https://clinics.medley.life/clinics/5a71a02ad3be621f49bbbdc2

 

日常ではない、毎日を送ることの不安やストレスがあると思います。外出を制限されるという閉塞感もありますが、こういう時に、どれだけ冷静な判断ができるかということも大事ですよね。そのような気持ちなるお手伝いもできると思いますので、どうぞカウンセリングの利用をご検討下さい。

 

夫婦関係, 人間の心理

心変わり

皆様、こんにちは。

新型コロナウィルス、心配な日々が続きますね・・・ショボーン

一日でも早く終息に向かって欲しいですが、自然には叶わないことも改めて思い知らされながら、冷静な判断を持つことが大事なのでしょうね・・・

 

さて、今回は心変わりについて書こうと思います。

カウンセリングの中でもそうでなくても、よく結婚当初は子供は居てもいなくてもいいと思ったけど、自分の体にタイムリミットが近づいて、欲しくなった、という女性の方や、

子供が欲しくて結婚したわけではなく、ひたすら夫婦で働いて、それはそれで充実していたが、50歳を越えて、急に子育てを経験していないことが不安になった、

とか、

子孫を残していないことに物足りなさを覚える、という男性、が時にいらっしゃいます。

心変わり、とも言えますが、

これは年を重ねることで気持ちの変化があったり、環境の変化によって感じ方が変わったり、というもので、ごく自然なことです。

ただ、やっかいなのはこの結婚当初、とか、結婚する時は、ということで、相手が当時は子供はいらないって言っていたのに、今になって欲しいって言われても

困る、

遅い、

とパートナーの方が思うケースもあります。

あるいは夫婦ともに、結婚当初の気持ちが変わって、結婚して15年たって不妊治療に取りくむ、ということもありますが、この場合、夫婦の思いが一致しているので、まだいいのですが、夫婦の気持ちが一致していないときはやはり難しいですよね。

でも、ここで

結婚する時は子供はいらないって言ったよね?

と言って、相手を責めても解決になりません。そう言ったのは事実かもしれませんが、人間、心変わりをするものだし、とくに子供を産み育てる、という点においては心変わりしやすいもの、だと知っておくことも大事かと思います。(これまでは誰もそんなこと、教えてくれませんでしたけどね・・・)

今更知ったって・・・

という方も多いかもしれません。

そんな時は心変わりをした経緯、あるいはパートナーが心変わりをして、自分がどう思うのか、について、カウンセリングを利用してもよいかもしれません。

その気持ちを表現することで、これから夫婦でどのようにやっていくかのヒントになりますし、本当に複雑な問題なので、一人でかかえるよりはサポート源を利用していただけたらと思います。

お知らせ

【 延期】トパーズ開催のお知らせ。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。
※ご案内していました下記グループカウンセリングは
新型コロナウィルスの状況と政府からの方針を考慮し延期となりました。
ご迷惑をお掛けしますがご理解のほどよろしくお願いいたします 3月1日※

私は花粉症です。
週末から症状が出てきました…。
不妊治療中、服薬を避けていたので症状がきつく大変でした。
そんな中、マスクは必須でしたので
今、ヤキモキしている方もいらっしゃるかもしれません。

マスクの供給や、インフル、新型ウィルスなどが落ち着くことを
祈るばかりです。

私は治療中に先が見えず、よく
「もし○○だったら」「もし~になったら」と未来を想像することが
ありました。
上手くいかないことを繰り返していたので
大体ネガティブなことを考えていました。

考えては打ち消し、でも湧き上がってくる
その繰り返しでした。

「もし、こどもが出来なかったら…」

という未来もその1つでした。

でも、治療が長くなってくると次第に子持ちの友人とは距離が出来、
夫婦2人の友達と会うようになりました。
こどもが出来ないことは考えたくないけれど、
こどものことを考えなくてもいい大人だけの集まりは、
居心地がよくもありました。

ああ、こういう未来もあるんだな。

それからは頭の片隅に入れながら、治療をするようになっていきました。

3月13日(金)ガーベラ不妊相談室で
Fine主催のトパーズ(グループカウンセリング)を開催します。
テーマは、「こどものいない未来予想図~私らしい10年後~」です。

当日は、夫婦2人の生活を選択した不妊ピア・カウセラーが担当します。
考えたくないけれどどういうものなのか知りたい、
何か希望が見つけられるのか聞いてみたい、
何となく考えているけれど分からない。

ネガティブなお気持ちでも大丈夫です。
様々な未来を知っておくこと、想像すること、誰かと話すことで
選択肢が広がることや、自分の気持ちを確認できることもあります。

詳細、お申し込みは下記URLからお願いします
http://j-fine.jp/activity/counseling/topaz.html

ピア・カウンセラー

立春、旧暦のお正月。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。
今日は立春、旧暦のお正月です。おめでとうございます!
IMG_9016
今年は記録的な暖冬と言われていますが、
例年より寒暖の差が激しく感じますし、
新型肺炎のニュースもあり、落ち着かない方も多いかもしれません。
私自身、治療中はマスク着用に手洗いうがいを徹底していました。

今思えば、少し神経質なほどでしたがそれは自然で当然のこと
だったように思います。
治療期間が長くなってくると、生活がストイックになってくることも
珍しくありません。

生活習慣や食事など、出来ること気を付けることは何でも取り入れて
気付かないうちに頑張りすぎてしまうのですが、自分では気づけません。

一度、「頑張りすぎてはいないか」立ち止まてみるのもいいかもしれません。
ちょっと勇気が要るかもしれませんが、何かをお休みしてみる
ちょっと楽をしてみる。
1周期だけ通院を止めて、妊活のことを脇に置いてみる。

1月の新年、少し疲れが出る頃です。旧暦のお正月休み、取ってみませんか?
よくわからないなあ、と思っていらっしゃる方。
何気なくお話をしている中で気づくこともあります。
よかったら、ピア・カウンセリングも活用くださいね。

お知らせ, カウンセリング

2月・3月のピア・カウンセラーによるグループ活動のご案内

こんにちは

心理士の小倉です。

ここ、ガーベラ不妊相談室ではピア・カウンセラーによる活動も行っています。

ガーベラ不妊相談室のスタッフの、ピア・カウンセラーの岡田によるピア・カウンセリングの他にも

ヨガを取り入れたグループ・カウンセリング、

不妊を経てその先の将来について考えるグループ・カウンセリングが

2月11日と3月13日に行われますので、興味のあるかたはこちらにご覧くださいね👇

https://j-fine.jp/activity/counseling/topaz.html

 

ピア・カウンセリングと私による専門家によるカウンセリングの違いは

ピア・カウンセリングは当事者がカウンセリングの勉強、訓練を受けてカウンセラーになり、相談者をサポートします。だから、当事者目線で、共感や信頼感がもてるのが特徴です。

生殖心理カウンセラーは、不妊の心理を専門的に扱うので、専門的な介入(アドバイスとは違うのですが、傾聴や提案といったもの)と、もし不妊とは別に心理的な問題(うつ状態、パニック症状など)がある場合は、迅速に対応できる、というサポートができます。

それぞれに利用したいタイミングや状態があると思いますので、ご自身がその時に求めるサポートとが見つかれば、と思います。

 

コミュニケーション

小さな悩み事

こんにちはニコニコ

心理士の小倉です。

新聞の相談コラム、よく読みます。文字で相談相手にどのように返事をしているのかは、本当に参考になるので・・

今回は引退をして毎日一緒に過ごすようになったご主人様が鼻くそをほじるのを不満に思っている奥様の話を紹介したいと思います。

相談を受けている方は著名な方。

今回はそんな悩みならきっと幸せな夫婦なんですね、から始まり、でも嫌ならユーモアを交えて嫌だって言えばいいのでは?という返事でした。

鼻くそをほじらないで!

ってストレートに言うと、ご主人も嫌な気持ちになっちゃうかも、なので、

鼻くそをほじると百年の恋も冷めちゃう~、だからみえないところでやって~

くらいに伝えればいいですね、というお返事でしたが、これはなかなかいいお返事だなあ、って思いました。

ポイントは。

相手が誰であれ、不満があればやはり、それを伝えることは大事です。我慢をする必要はないのです(我慢をする理由があるのなら別ですが)

さらにポイントは、

小さな、ささいなこと、であっても、自分がそれを気にする、不満に思うのなら、やはり我慢をする必要はなく、

「うまく」相手に伝えられれば、もっと人間関係はうまくいくと思うのです。

たとえば

今日は診察に行きました、次回の移植の日は〇月〇日、と決まりました、それを夫に話したのですが、夫はスマホをいじりながら、

そっか、と言うだけ。こちらを見てくれない。

夫が会社から帰って、リラックスしている時間だってわかってはいるけど、自分たちにとって大事な話だし、せめてスマホの手をとめて、移植の日をしっかり確認してほしい、と妻は思いますよね。

一方、夫も移植は大事な日だとなんとなく思うのですが、正直、妊娠するまでは淡々と治療をすすめるしかないし、日にちをきいたところで、そこに重大さをさほど感じない、というのが本音だと思います。

でも妻としてはそんな夫に不満を覚えています。その不満も繰り返されると、大きな不満になるものです。いきなり、爆発して、

あなたは何もわかってくれない!

と泣き叫んでしまうかもしれません。

でも、夫はいきなり泣かれてなんのことか全然わからないのです!

だから。

ちいさな気になることも、ちゃんと相手に伝えることも大事です。

でも伝え方もあって・・・

今回の例ですと、

「あなたがリラックスしたいのはよくわかってるから1分だけ、私の話を聞いてもらえる?そうしてくれれば明日のおかず、一品増えるかも!」という前置きをして

「〇月〇日が移植の日になったから、その前後は私は不安でいっぱいかも、だからフォロー、よろしくね」

のようなやりとりもあってもいいかもしれません。

ちいさなこと、ささいないこと、と自分で思っても、不満であればやっぱり相手に不満だ、嫌だ、ということを伝えたい、でも伝えかたのコツがあるんだ、ということを知っていただければと思います。

 

ピア・カウンセラー, 未分類

2月のピアカウンセリング。

こんにちは。不妊ピア・カウンセラーの岡田です。
急に寒くなってきましたが、風邪などひかれていませんか?
私は最近、梅醤番茶を飲んでいます。
梅、生姜、醤油、番茶で出来ているので家でも作れるようですが、
私はお店で買って、お湯で割って飲んでいます。
温まるので、お勧めです^^)

ピア・カウンセリングの2月のスケジュールをお伝えします。
2月4日(火)午前・午後
6日(木)午前・午後
11日(火祝)午前・午後
13日(木)午前・午後
18日(火)午前・午後
20日(木)午前・午後
25日(火)午前・午後
27日(木)午前・午後
午前は10時から、午後は13時からですが、ご希望があればご相談ください。
他日程でも対応可能な日もありますので、お問い合わせください。